5224名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

タイアップ生葉

症状に合わせた歯槽膿漏ケア用品の選び方

更新日:2017/03/14

なんとなく歯ぐきに違和感を感じたら……

歯ぐきの色がいつもと違う、引き締まった感じがなくなった、柔らかくなった気がする……。そんなことを感じたら、歯肉炎のサインです。健康な歯ぐきはピンク色で引き締まっているもの。鏡で確認したり、歯ぐきを触ってみましょう。また、歯みがきのときに出血するなど、歯ぐきが気になる回数が増えたら、歯槽膿漏対策の初めどきです。

違和感をおぼえたらハミガキの見直しを!

毎日のケアで歯槽膿漏を防ぐ医薬部外品

歯槽膿漏を予防する女性

歯槽膿漏の予防の基本は、毎日の歯みがきです。ただし、歯みがきだけで完全に歯槽膿漏を防ぐことはできません。症状に応じた成分が配合された、医薬部外品の歯みがき剤やデンタルリンスを活用することで、予防の効果を高めることができるのです。医薬部外品とは、厚生労働省が認めた有効な成分が、一定の濃度で配合されているもの。「薬用」という表示も「医薬部外品」と同じ意味で使われる表示です。

歯ぐきの炎症が軽い場合は、医薬部外品を使うことで炎症を抑え、元の健やかな状態へ戻すことも可能です。すでに歯槽膿漏へと進行している人なら、医薬品と医薬部外品でのケアを組み合わせることで、治療をスムーズに進めることができるでしょう。

医薬部外品の歯磨き剤はコチラ

歯槽膿漏を予防するケア用品

歯槽膿漏の予防用品

歯槽膿漏の予防と対策用品には、「歯ブラシ」や「薬用歯みがき剤」「薬用デンタルリンス」など、さまざまなものがあります。歯ブラシは、歯と歯ぐきの間の歯肉溝や、歯間の歯垢まで、しっかりかき取れることがポイント。さらにヘッド部が幅広いタイプなら、歯ぐきのマッサージも可能です。

医薬部外品の「薬用歯みがき剤」には、歯槽膿漏の症状に適した有効成分が配合されています。歯ぐきのひきしめ、抗炎症、血行促進、殺菌などの効果が期待できます。ひきしめを重視したタイプ、腫れや出血に合わせたタイプ、知覚過敏にも対応したタイプなど各種あるので、自分に合ったものを選びましょう。

歯みがきの仕上げにプラスしたいのが、医薬部外品の「薬用デンタルリンス」。殺菌作用や抗炎症作用をもつ有効成分が配合されており、液体なので口中のすみずみに行き渡ります。

まだ歯槽膿漏になっていない人も、すでになってしまった人も、毎日の歯みがきに加え、医薬部外品によるケアが基本になります。歯槽膿漏になってしまった人は、進行度に適した医薬品をプラスしてケアしましょう。

あわせて読みたい

タイアップ一覧へ

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

ビューティーサポーターズとは?

女性がキレイになるために必要な情報や、
素晴らしいサービス・製品に注目し、
それに取り組む企業を紹介しています。
私たちスキンケア大学では、
「ビューティーサポーターズ」各企業の
取り組みを通して、「お肌のための暮らし」を
提案していきたいと考えます。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート