5155名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

タイアップ生葉

ホントは気になる歯ぐきの悩み。みんなはどうケアしてる?

更新日:2016/12/01

ほぼ全員が歯ぐきに悩みアリ。でも「ケアできていない」人が多い理由って…?

スキンケア大学が実施した「歯ぐきに関する悩み」のアンケートでは、98%の人が歯ぐきになんらかのお悩みを抱えていることが明らかに。そのうち、54%の人が複数の悩みを抱えていました。

グラフ1

ところが、「歯ぐきの悩みに対してご自身でケアしていますか?」という質問では、「気になるが、特別なケアはしていない」という人が33%。セルフケアしている人でも、毎食後の歯みがき程度のケアにとどまっており、93%の人が「不十分だと思う」と回答しました。その理由は、41%の人が感じている「気になるが、ケア方法が分からない」という答えにあるのかもしれません。

グラフ2

歯ぐきのトラブルは、歯ぐきが炎症を起こしているサイン。放っておくと、やがては歯槽膿漏へと進行する可能性があります。炎症が起こる原因と症状に合わせた対処法を知って、すこやかな歯と歯ぐきを保ちましょう。

※スキンケア大学調べ 集計期間:2016/11/01~2016/11/11 n=280

歯ぐきの炎症が、なぜ歯槽膿漏に結びつくの?

歯槽膿漏のサイン

歯と歯ぐきの間にある歯肉溝(歯周ポケット)に「歯垢」が蓄積すると、歯ぐきが腫れて出血することがあります。歯垢は、歯の磨き残しをエサに繁殖した細菌のかたまり。細菌がつくりだす毒素が、歯ぐきの炎症を起こしているのです。

歯ぐきの出血や腫れを気にして歯みがきがおろそかになると、ますます細菌が繁殖。歯を支える歯周組織が破壊されます。歯ぐきがやせ、刺激を感じやすい歯の根元部分(象牙質)が露出し、冷たいものが歯にしみる「知覚過敏」に。悪化すると歯槽膿漏を引き起こし、根元から歯がグラついて抜けてしまうこともあります。

歯槽膿漏を防ぐためには、毎日の歯みがきで歯垢を残さないことが基本。そして、歯垢除去だけでなく、殺菌成分や抗炎症成分、血行促進成分などを配合したハミガキ剤でケアすることが効果的です。

症状にあわせた対策方法を知ろう

歯槽膿漏のセルフケア

歯みがきのときは、歯ぐきの腫れ、出血がある部分を避けて磨くのは厳禁。力を抜いてていねいに磨きましょう。そのうえで、症状にあわせた適切なケアを行います。

歯槽膿漏の予防・治療では、細菌の繁殖を抑え、炎症を鎮めることが重要になります。抗炎症成分、殺菌成分が含まれた医薬品や医薬部外品でケアすることが肝心です。口の中に入れるものですから、自然由来の成分に注目して選ぶとよいでしょう。

一口に歯槽膿漏といっても、進行度はさまざま。そのため、ケア用品の種類もさまざまです。歯槽膿漏の予備群かも?と思ったら、早いうちに継続してケアすることが大切。ライフスタイルなども考慮して、自分に合った使いやすいものを組み合わせてみるのもよいでしょう。

あわせて読みたい

タイアップ一覧へ

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

ビューティーサポーターズとは?

女性がキレイになるために必要な情報や、
素晴らしいサービス・製品に注目し、
それに取り組む企業を紹介しています。
私たちスキンケア大学では、
「ビューティーサポーターズ」各企業の
取り組みを通して、「お肌のための暮らし」を
提案していきたいと考えます。

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート