1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

もうこれで大丈夫!正しいニキビの知識と対処法

更新日:2016/03/29

毛穴のつまりが原因!?

思春期にできるニキビも大人になってからできるニキビも、毛穴の入口がなんらかの理由で詰まってしまう事が原因となります!それでは、順を追ってニキビのできるメカニズムを見てみましょう。


皮脂分泌が盛んになる原因

ニキビができやすい部分は、皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などです。
まず、それらのか所の皮脂分泌が活発となり、脂性になることからはじまります。

・成長ホルモンの影響
思春期になると分泌が増え、それにより特にTゾーンの皮脂分泌が増え、ニキビができやすくなります。

・男性ホルモンの影響
男性ホルモンは、女性にも少なからず分泌されています。また、大人になってからはストレスなどにより分泌が高まります。
男性ホルモンは、皮脂分泌を活発にさせ、その上皮膚の角化を促す働きがあります。

・ストレス
過度の緊張、疲労、睡眠不足によって自律神経に変調をきたすようになります。脳下垂体から副腎皮質ホルモンが多量に分泌され、副腎皮質からの男性ホルモンの分泌が高まり、皮脂の分泌が高まってしまいます。

また、ニキビには、白ニキビや黒ニキビなどさまざまな種類があります!こちらのプロ監修の記事で見てみましょう!
 

ニキビの状態と状態別の対処法?


大人ニキビ

大人ニキビが、思春期ニキビと症状が違うのは、そのメカニズムと原因の違いにあります。大人ニキビの原因は、私たちの日常生活の中に潜んでいるのです…。

肌の代謝が悪くなることで、ターンオーバーが遅くなり、古い角質で毛穴をふさいでしまいます。さらに、「肌の乾燥」は毛穴をふさぐ角質を厚く、堅くし、大人ニキビをさらに頑固にさせる原因ともなります。
そして、毛穴にアクネ菌が繁殖し、「大人ニキビ」となってしまうのです。

では、どのように対処したらいいでしょうか?専門家から学びましょう。

もっと詳しく!大人ニキビの原因と対処

ニキビの芯はとっていいの?

ニキビができてしまった時、早く治したいという一心で、ニキビの芯を自分でとって、さらにニキビが悪化したという失敗経験のある方はいませんか?
では、これは正しい行為なのでしょうか?

ニキビの芯がもし簡単に取れるのであれば、とったほうがよいですし、赤ニキビへ発展してしまうのも予防できます。
市販の、テープを使用したり、吸引器具などを利用したりすれば、ある程度の芯は除去することができますが、大きなものは少々難しいものです。\\

では、どのようにケアするべきなのでしょうか?

プロから学ぶ!ニキビの芯の対処法


正しいニキビの対処法

では、正しいニキビケア方法をご紹介します!

毛穴のつまりを取り去るには、角化して厚くなった角質のつまりを改善する治療が効果的です。
ニキビのできやすい方は、AHA配合の石けんやローションなどでピーリングを日常的に行って、毛穴をキレイに保ちましょう。

しかし、どうしても治らない場合もあると思います。そのような場合には、クリニックでの治療をおすすめします。クリニックではどのような治療を行うのか、ご紹介しましょう。
 

ドクター監修!皮膚科でのニキビ治療法

 

 

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート