1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

同性でも触りたくなる...!?プロ伝授の“ふっくらマシュマロ”バストのつくりかた!!

更新日:2016/06/16

憧れのふっくらマシュマロバスト。

女性なら誰しも、ふっくらとして柔らかいマシュマロバストに憧れますよね。そんな女性らしいバストには、筋緊張が関係しているのはご存知でしょうか。

この筋緊張はバストを下垂させる作用があるため、バストアップさせたい女性は注意が必要なんです。ここではバストアップにおすすめな寝る姿勢や筋緊張を和らげるエクササイズについてお伝えします。

寝る姿勢とナイトブラで美バストに!

美しいバストを維持するためには、寝るときの姿勢は「仰向け」が基本です。しかし、体の前面に強い筋緊張があると、人は仰向けで寝ることを窮屈に感じるため、横向き・うつ伏せの姿勢になってしまいます。

まず、うつぶせで寝てしまうと、バストが自身の体重で圧迫され、高さのないバストになるおそれが。また、脂肪が左右に広がるため、下垂のリスクがアップしてしまいます。

次に横向きで寝る場合ですが、これはバストが重力により床方向へ流れ、皮膚が伸びる可能性があります。また、左右の高さや幅が変わり、横向きで寝るのも下垂のリスクがアップしてしまうんです。

寝るときのバストへのリスクとは

バストアップには仰向けで寝るのが効果的。そのとき手は必ず天井に向けること。床側に向けてしまうと腕を内側へ捻じれさせ、起きた時の姿勢が猫背に。猫背はバストを下垂させるので、手のひらは上に向けましょう。

睡眠時に乳房内の皮下脂肪と皮膚を保護し、バストを適正な位置で安定させ下垂を防いでくれる「ナイトブラ」の着用もおすすめ!年齢とともに下垂するのがバスト。大きさに関係なくナイトブラで保護するのがベストです。

その他のバストを下垂させる原因

バストアップ簡単エクササイズ!

バストアップのエクササイズは、両手を胸の前で押し合わせる合掌エクササイズが定番です。このエクササイズは「アイソメトリック」と言い、筋肉の伸び縮みを変えずに筋力を発揮するトレーニング法で、安全性の高いのが特徴です。

そこで胸の筋肉をストレッチさせながら、筋肥大効果もあり、初心者でも安全に行うことができる簡単なエクササイズをご紹介します。

●バストアップのための簡単エクササイズ「フライ」
立ち姿勢でもイスに座った状態でもOK。まず、背筋を伸ばし、胸をはり、肩を下げ、あごを少し上に。お腹を引っ込め、両手を胸の前に伸ばし、ひじを少し曲げます。このとき手の平を向かい合わせ、軽く握り込むのがポイント!

そのまま胸を張るようにして両腕を開き、肩甲骨をよせます。そのときに腕は肩の高さに合わせることを注意してください。再び両手を前へ。この動作を15回×2~3セットくり返します。

このエクササイズで使用するのは胸の大胸筋、肩の三角筋、そして肩甲骨周りにある筋群です。胸の筋緊張を和らげる効果もあるため、体を後ろに反らせる動作も楽になり、徐々にバストアップを実感していくことでしょう。

さらに、バストアップに効果的なバスト周りもほぐしてくれるんです。ふんわりバストは胸の周りをほぐして、凝りと老廃物を流すのがポイント!バスト周りが凝っていると固く小さいバストに。「ほぐし」を意識しましょう。

ふんわりバストを作る「ほぐし方」とは

少しの意識でマシュマロバストは叶う

いかがでしたか。寝るときの姿勢を気にしてみたり、ナイトブラを付けてみたり、エクササイズにチャレンジしてみたり。それだけでバストは少しずつ変化していきます。美バストを目指して、これらのことを習慣にしましょう!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート