1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

20代後半からが勝負。その「エイジングケア」が差をつけるんです!

更新日:2016/07/01

そもそもエイジングケアって何?

エイジングケアとは、一体どのようなことをいうのでしょうか。

エイジング(=加齢)をケア(=お手入れ)する。つまり、加齢とともに誰でもやってくるさまざまな肌トラブル。その予防策を打ち、年齢に負けない美肌を作るためのメンテナンスなのです。

まだまだ若いと思っていても、加齢は待ってはくれません。毛穴が縦長になった、目もとや口もとの小ジワが出てきた…、すべてエイジングケアを開始するサインです。

エイジングケアの基本は●●対策!

加齢を避けることはできないけれど

エイジングケアとは、加齢により引き起こされる老化現象をストップさせるものではありません。老化現象を緩やかにするためのものです。

老化のスピードには個人差があるものの、エイジングケアをきちんと行っている方とそうでない方では、老化の速度に明らかな違いが出てくるでしょう。

若々しく健康な肌を保つためにも、早めのエイジングケアが重要なのです。まだ早いだなんて思っていたら、あっという間に肌年齢が上昇してしまいますよ。

若々しい肌を保つポイントって…?

若返りホルモンの力を借りる

「成長ホルモン」、別名“若返りホルモン”と呼ばれているホルモンは、加齢とともに減少してしまいます。若返りホルモンは、老化現象と密接な関係があるのです。

成長ホルモンが出なくなると心臓の機能が低下し、血流が悪くなる、新陳代謝が悪くなるといった悪影響が現れ、肌にも多大なダメージを与えます。

加齢とともに減少する成長ホルモンですが、実は自分で分泌を促すことができるのです。成長ホルモンをたくさん分泌させるためのカギは、3つあります。

3つのコツで若返りホルモン分泌!

エイジングケアに早すぎることはありません

いかがでしたか。加齢とともに肌の状態が悪くなっていく…できれば避けたいですよね。時を止めることはできませんが、遅くすることはできます。スキンケア大学には、他にもアンチエイジング対策に役立つ記事が掲載されています。ぜひ、御覧になってください。

スキンケア大学をチェック!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート