1426名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

“芯”をとるのは正解…?「ニキビ」のしくみと対処法を伝授します

更新日:2016/10/11

"毛穴づまり"がニキビの原因…

ニキビができやすい部分は、皮脂分泌が活発な顔や胸元、背中などです。まず、それらのか所が、成長ホルモンや男性ホルモンの、ストレス、生理前に増える黄体ホルモンの影響などで、皮脂分泌が活発となり、脂性になることからはじまります。

そして、肌の表面が硬くなり、毛穴付近のターンオーバーが正常に行われなくなると、毛穴が詰まってしまいます。また、過剰な刺激により、肌を守ろうとして角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。

角質が硬くなると毛穴の入口が狭まり、うぶ毛を伝って皮膚表面に出るはずの皮脂が、毛穴の中に溜まっていき、ラードのように塊りとなりコメド(面皰(めんぽう)になります。白っぽくポツンとできて毛孔がまだ開放されていない状態が白ニキビです。

放置は危険!●色ニキビは病院へ!

ニキビの芯を無理やり取るのはNG!

ケアの基本は、まず洗顔です。洗顔は、過剰に分泌されている皮脂を洗い流して、毛穴をふさいでいる角質が増殖するのを防ぐために必要になってきます。けれど、一度できてしまった大きなニキビは、芯が深く毛穴に埋まっています。この芯を洗顔で完全に取り除くというのは、なかなか難しいところ。

だからといって、ピンセットを使って無理矢理芯をとり出したりするのは、絶対に避けなくてはなりません。なぜなら、ニキビ跡が残ったり、色素沈着したり、ニキビ菌の増殖を誘発してしまったりと、よいことがないからです。むしろニキビを悪化させてしまうこともあるのです。

もし、どうしてもニキビの芯をとりたいという場合には、医療機関のドクターに相談しましょう。医療機関によっては、ニキビの芯出し・圧出というケアを行ってくれるところもあります。

芯出し・圧出の事、もっと詳しく!

ニキビケアには「ピーリング」を取り入れて

毛穴のつまりを取り去るには、角化して厚くなった角質のつまりを改善する治療(特にはピーリング)が効果的です。ニキビのできやすい方は、AHA配合の石けんやローションなどでピーリングを日常的に行って、毛穴をキレイに保ちましょう。

悪化してしまったニキビには、家庭用のピーリング剤よりも高い効果のあるクリニックでのピーリングをおすすめします。ピーリングは、優しく毛穴のつまりを取り、皮膚のターンオーバー(新陳代謝)を促すので、ニキビの予防にもつながります。

栄養バランスのよい食事を毎日取ることも大切です。もし、多く食べることで「ニキビができやすい」、「皮脂分泌が活発になる」と感じられる食べ物(チョコレートや揚げ物などなど)があれば、それを控えめにしたりしましょう。また、基礎化粧品やコスメは、なるべくオイルフリーを選ぶのが◎。

ニキビ体質にはPDTがおすすめ

ニキビは早く正しいケアをすることが大切

いかがでしたか。たかがニキビと考えず、湿疹などと同様に「病気」ととらえ、早い段階で治療しましょう。早くケアを始めることで、肌へのダメージも少なくてすみますし、保険適用の治療なら治療にかかる費用も少なくてすみますので、ニキビができたら専門の皮膚科医に相談してください。

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「スキンケア大学」をチェック!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート