1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

思わず触りたくなる。"すっぴんOK女子"になるための洗顔術をマスターせよ

更新日:2016/11/10

肌本来のチカラを取り戻して素肌美人に

もし、いまあなたがやっているいろいろな肌ケアが、実は肌を甘やかし、トラブルを起こしやすい肌にしているとしたらどうでしょう?肌をキレイにするためには、何かを「足す」ことよりも、まず「引く」ことが大切なのです。化粧品に頼るプラスケアだけではなく、自分自身の肌の働きを活発にしていきましょう。

肌は本来、水分が足りないなと感じたら水分を補給し、それを逃がさないように油分を出して蒸発するのを防ぎます。そのときの状態に応じて働くことができる素晴らしい機能が本来はあるのです。

そんな働き者の肌も、状態にあっていない化粧品などに頼りすぎると、いつしか肌本来の機能が失われ、それを化粧品で補うという負のスパイラルに陥ってしまいます。

肌をなまけ者にしないで、化粧品はどこまでも補助的なモノであると考えましょう。大切なのは、自分の肌の治癒力や保護力を高めていくことなのです!

治癒力&保護力をUPするには…?

どんな洗顔料を使うべき?

しかし、どういう洗顔方法が正しいのかわからなくなっている人もいるのではないでしょうか?肌については、どこまでもシンプルに考えて行けばよいのです。肌に刺激を与えず、汚れだけを落としてくれる洗顔方法を見つけていきましょう。

泡立たせるための界面活性剤の中にも、肌に負担をかけない天然成分を使用したものがありますが、結局、泡を作る時間も手間も忙しい女性には面倒なもの。そんな忙しい女性に私がオススメするのは、 「クレイ洗顔」 です。

泡洗顔がいいからと、モコモコの泡が出てくる洗顔料を使っている人がいます。でも、その泡だけで汚れが落ちたと満足していませんか?実は、汚れを落としているのは洗浄成分なので、泡にこだわって強い洗顔料で汚れを落としすぎないように注意しましょう。

「クレイ洗顔」のメリットって?

オイルクレンジングって肌にNGだったの?

肌のために重要なことといわれていることのひとつに「クレンジング」があります。でも、ここでも頑張りすぎて過度に汚れを落としすぎていませんか?クレンジングにこだわりすぎて、肌に本来必要なものまで落としている可能性があります。

働く忙しい女性にとってオイルクレンジングはとても便利ですが、大切な肌への負担を考えると、使用する頻度はなるべく抑えることをおすすめします。オイルクレンジングは、気合を入れたハードメイクの時だけに使用しましょう。

自分が使っているファンデーションのタイプによっても、適切なクレンジングアイテムは変わってきます。たとえば、BBクリームや軽めのリキッド、パウダーファンデーション、そして、日焼け止めだけなどを使っている場合なら「ミルククレンジング」がおすすめです。

コレが「正しい」クレンジング方法

クレンジング剤は優しく素早く、「すすぎ」はしっかり!

クレンジング剤をケチって少量で済ませていませんか?クレンジング剤を少なくすると、その分余計に肌をこすらないと落ちなくなります。なので、クレンジング剤はたっぷり使って、転がすように優しく素早く洗うイメージで落していきましょう。

クレンジングをしっかりすることは大事なことですが、その後のすすぎも大事。髪の生え際やあごのラインなど、クレンジング剤が残らないよう注意しましょう。

その他、「スキンケア大学」には女性の健康・美容やライフスタイルに関するお役立ち情報がたくさんあります。ぜひご覧になってください。

「スキンケア大学」をチェック!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート