1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

皮膚が冷えると出てしまう…。「寒冷蕁麻疹」の原因と対処法とは

更新日:2017/02/24

皮膚が急激に冷えることで出てくることがある蕁麻疹(じんましん)を寒冷蕁麻疹と言います。今回は、寒冷蕁麻疹になる原因と対処法を紹介していきます。

寒冷蕁麻疹の原因とは?

皮膚が急に冷えると、寒冷蕁麻疹が出やすくなるといわれていますが、その原因は何でしょうか?それは、急激な温度変化がきっかけで免疫機能が働き、ヒスタミンが発生することで起こるといわれています。

皮膚の温度が急に冷えることがきっかけとなり蕁麻疹が起こります。

寒冷蕁麻疹が起こるメカニズムは、皮膚の下の血管周辺にある肥満細胞(マスト細胞とも呼ばれる)が急激な温度変化により刺激を受け、免疫機能が働いてヒスタミンという化学物質が放出されることによります。具体的には、体温よりも低い物質に触れたり、温められた皮膚が急に冷やされたりすることで起こりやすくなります。

引用:ヘルスケア大学

寒冷蕁麻疹はどのような時に出る?

寒冷蕁麻疹は急激な温度変化がきっかけで出てしまう可能性があります。運動後に寒い風に当たることや、夏場に外出先から冷房の効いた室内に入ることなどで寒冷蕁麻疹が出やすいようです。

・冬の朝、素足で冷たいフローリングを歩いた時に足に出る

・外に出て寒い風にあたった時、顔に出る

・お風呂で体が温まった後、脱衣所の寒さに触れた時に出る

・運動して汗をかいた直後、寒い風にあたって体温が低下したときに出る

・夏に暑い外出先から戻り、エアコンの冷気にあたった時に出る

・プールサイドで日光浴後、冷たいプールに飛び込んだ時に出る

・冷たいものを食べた時に出るなど

引用:ヘルスケア大学

寒冷蕁麻疹の対処法とは?

では、寒冷蕁麻疹が出てしまったらどうすればよいのでしょうか?寒冷蕁麻疹の場合は、患部を温めることが効果的といわれています。

一般的に蕁麻疹が出た時には冷やすとかゆみが治まりやすくなりますが、寒冷蕁麻疹の場合は冷やすと逆効果。冷やさずに温め、また、かきむしると皮膚が傷つくためかかずに様子をみましょう。

引用:ヘルスケア大学

急激な温度変化には注意しましょう

いかがでしたでしょうか?寒冷蕁麻疹は、急激な温度変化によって引き起こされてしまう可能性があることがわかりました。寒冷蕁麻疹が出やすい場面ではなるべく注意して、もし出てしまったら患部を温めるようにしましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート