1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

アラサーになったら悩みに合わせる!「30代のスキンケア」の選び方

更新日:2017/02/21

アラサー世代は、基礎化粧品を慎重に選ぶ必要があります。自分の肌の悩みに、合わせた成分を選んで悩みを解消しましょう。

30代の基礎化粧品の選び方

30代になったら、基礎化粧品は単に化粧水、乳液とそろえるのではなく、配合されている成分で選ぶようにしましょう。これからは、シミや乾燥など、肌の悩み別に効果的な基礎化粧品を選ばれることをおすすめします。

30代の方が基礎化粧品を選ぶ時に注目したいのは、配合されている成分。選ぶ前にまず乾燥やシミ、シワなど…自分の肌の悩みにはどのような成分が効果的なのかを知ることから始めましょう。

引用:スキンケア大学

乾燥対策に必要な成分は

女性の肌は20代を境に皮脂量が減少していきます。その分、セラミドやヒアルロン酸などの水分を抱えこんでくれる成分を基礎化粧品などで補う必要があります。

セラミドは、角質の細胞と細胞の間でサンドイッチのように水分をはさみこむ性質を持っています。ところがこのセラミドは、年齢と共に減っていきますので、基礎化粧品などで補ってあげることが必要です。

引用:スキンケア大学

シミ対策に必要な成分は

30代のシミのお悩みには、ビタミンC誘導体やハイドロキノンなどの美白効果がある成分や、予防としてメラニン生成を抑制するアルブチンなどの成分が配合されている基礎化粧品を選びましょう。

すでにできてしまっているシミを薄くする働きのある成分には、ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。特にビタミンC誘導体は、メラニン生成を抑制する作用もあるのでシミの予防にも有効です。

引用:スキンケア大学

シワ対策に必要な成分は

女性は30歳を超えるとコラーゲンやエラスチンなどが減少し、肌のハリが出にくく代わりにシワができやすくなるといわれています。コラーゲンを生成する細胞に働きかけるレチノールなどが配合されている基礎化粧品を選びましょう。

30歳を越えて年齢を重ねるようになると真皮内のコラーゲンやエラスチンの減少や変性が起こり、シワができやすくなります。

引用:スキンケア大学

アラサーになったら化粧品の成分にこだわる

30代になったら、基礎化粧品の成分にこだわって使用しましょう。シミやシワ、乾燥やくすみなど、気になる点へは今のうちから手をうっておくことが、40代以降の肌の悩みを軽減する助けとなってくれるはずですよ。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート