1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

その塗り方、要注意!汚く仕上がる「乾燥肌NGメイク」

更新日:2017/02/24

肌のタイプや肌の状態は、人それぞれ異なります。状態に応じて、適切なメイク方法を選ぶ必要がありますが、今回は乾燥肌の方のファンデーションの塗り方に焦点をあててNG項目と対処方法を理解しましょう。

ファンデーションを塗るときのNG行為とは

乾燥肌の方はさまざまな成分が浸透しにくい状態にあるといわれており、ファンデーションを含め、つい化粧品を過剰に塗ってしまう傾向にあるといわれています。正しいファンデーションの付け方を知っておきましょう。

ファンデーションはまず額、頬、鼻筋、顎にのせ、中心から外に向かってのばします。

ですが、乾燥肌の方は「のばす」のはNG。叩き込むのがベストです。

指でファンデーションをのせた後、スポンジを使って叩き込みながら中心から外側に向かってスポンジを動かします。

この時、摩擦してはいけません。

引用:スキンケア大学

スポンジを使う手技にパッティングとストロークと呼ばれるものがあります。

パッティングとは叩き込む技法です。ストロークはスポンジをスライドさせて、のばすという技法なので、パッティングをしましょう。

普段手だけでファンデーションを塗る方はスポンジを使うだけで仕上がりが格段に違うことが実感できるかと思います。

引用:スキンケア大学

また、使用するスポンジにも注意が必要です。雑菌が繁殖しやすいスポンジはしっかり洗って乾かすことを意識してください。

不十分なところはコンシーラーでカバー

ファンデーションをパッティングするだけだと隠したい肌トラブルが隠れない場合もあります。たとえばニキビ跡などを隠したい場合には、ファンデーションだけ隠そうとせず、コンシーラーをつかいカバーするようにしましょう。

ファンデーションを叩き込んだ後、鏡をじっくり見てみましょう。シミやニキビ跡など、まだカバーしきれていない肌トラブルがあれば、コンシーラーを使用しましょう。

ファンデーションの前にコンシーラーを使用する場合もありますが、それだと厚塗りになりがち。なるべく余分につける事を避ける為に、ファンデーションでも隠せなかった場所のみに使用するのがおすすめです。

引用:スキンケア大学

コンシーラーを使うときにも、塗るではなく、叩き込むことを意識してみてください。

隠したい部分にコンシーラーをのせ、指で叩き込みます。

この時に注意してほしいのは、コンシーラーをのせた部分とのせていない部分の境目をたたき込むのです。

引用:スキンケア大学

このようにファンデーションもコンシーラーも叩き込むことを意識できれば、乾燥肌の人でもきれいにしっかり下地が準備できます。

ポイントをおさえれば乾燥肌でも怖くない

乾燥肌の人は化粧ノリが悪く、ついつい厚塗してしまうなどの悩みを抱える方も多いようです。今回紹介したNG項目と対処法をで、キレイに仕上げた肌で、メイクを楽しんでみてください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート