1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

Dr.由香子の美肌塾

”こすらないケア”で健康美肌を手に入れよう

更新日:2016/12/09

自分ではこすっていないつもりでも…

「お肌をこすっていませんか?」とお肌の調子が悪くて受診されている患者さんに質問をすると、ほとんどの方が「いいえ、決してこすっていません。優しくしています。」

と答えます。

実際にクレンジング、洗顔、基礎化粧品を塗る場面を見せていただくと、みなさんびっくりするくらいの力でお肌をこすっています。ご自分では優しくしているつもりなのです。

今、このコラムをお読みになっているあなたも、「優しくしているつもり」だけかもしれません。今からあなたの生活を一緒に振り返ってみましょうね。

こんなこすり方していませんか?

クレンジングの時、目の周りをぐるぐる一生懸命こすっていますね。鼻周りもゴシゴシ力がこもっているでしょ?クレンジングシートでこすっている方もいらっしゃいますね。

洗顔するとき、せっかく泡立てたのに、泡が吹き飛ぶ勢いで、手でこすっています。すすぐ時も、お顔をこすっていますね。タオルで水分をこすり取っています。

化粧水をコットンでこすりつけています。乳液やクリームをゴリゴリ塗りこんでいますね。

何気なくしている一度のスキンケアで、こんなにお肌をこすっているのです。お肌をこすっているとどんなことが起こるのでしょう。

「こする」ことが様々な肌トラブルの原因に

皮膚は角質層が水分を保つように働き、外界からの異物の侵入を防ぎます。お肌をこすっている人の角質を顕微鏡で見てみると角質の細胞が未熟なのです。

角質の細胞が未熟だと、水分を保持する能力も、異物の侵入を防ぐ力も弱くなります。こすることが原因で乾燥肌になり花粉やダニに反応を起こしやすくなります。さまざまなお肌トラブルの原因になるのです。

また、お肌をこすることで色素細胞が活性化しシミが作られやすくなります。

角質が健康であることが、美肌への重要な一歩です。角質をこすり取らないように、大事に育てなくてはいけないのです。

みなさん洗顔の時にそんなに擦るのは、メイクが落ちないとお肌に悪いと思い込んでいるので、こするのですよね。メイクが多少落ちなくてもいいのです。

基礎化粧品をつけるときに擦るのは、その方がよく浸透してくれると思っているのですよね。そんなことはありません。

さあ、今日からこすらないケアを始めて、健康な角質を育て美しいお肌を目指しましょう!

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート