1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

Dr.由香子の美肌塾

入浴剤、肌トラブルの原因になっていないですか?

更新日:2016/12/09

湯船が気持ち良い季節です

暑い夏が過ぎ、シャワーだけで済ませていた方も、湯船につかって温まりたい季節になってきましたね。普通のお湯では寂しいと、入浴剤をいれて、色や香りを楽しむ方も多いと思います。でも、ちょっと待って!入浴剤の成分を知って使っていますか?

ご存知ですか?入浴剤の成分

入浴剤の箱の裏を見てみましょう。赤色○号、青色○号などの表記はありませんか?それらはタール色素といい、毒性が確認されている物質です。いい香りのもとである香料は化学物質で作られています。

お肌をしっとり見せるための化学物質も配合されていますね。皮膚の構造を壊してしまう合成界面活性剤も配合されています。腐らないように防腐剤が加えられているのもあります。温熱効果のための、炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム、生薬等は良いとしても、入浴剤は、有害な化学物質のオンパレードなのです!

入浴剤でアレルギーに?

入浴剤を入れると、湯船につかっている間、皮膚に化学物質が作用します。合成界面活性剤で皮膚のバリア機能が破壊され、弱くなった皮膚に毒性のあるタール色素や他の化学物質が入り込んで、アレルギーをひき起こしたり、発がん性が高まる可能性があります。お風呂上りに体が痒くなる方は、入浴剤が原因かもしれません。

ゆず湯でもかぶれは起こる

そうはわかっていても、何かを入れたい方。天然の塩を入れましょう。塩化物泉という温泉と同じようなお湯になります。塩の力で体がぽっかぽか温まります。香りが欲しい方はハーブやアロマオイルが良いかもしれませんが、皮膚に刺激になることもあるので、私はお勧めしません。ゆずやミカンの皮でもかぶれる方が多いことも知っておきましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート