1419名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

皮膚科医の実体験から語るスキンケアの話

夏ダメージは顔だけじゃない!

更新日:2016/12/09

ダメージは秋にケアする

秋になり夏の暑さが一段落すると、夏に受けたエアコンや紫外線等の影響によるお肌の疲れが気になってくる方も多いのでは。

顔のスキンケアには力を入れているけれど、後回しにしがちなボディケア。厳しい夏を乗り越えたお肌はボロボロです。放っておいては、シミ・シワ・たるみとなってお肌に現れます。秋のうちにしっかりケアして寒さと乾燥の季節に備えましょう。

ボディケアの基本

ボディケアといっても基本は「洗浄」「保湿」と顔のスキンケアと同じです。洗浄のポイントは優しく洗うことです。身体だからといってゴシゴシと力を入れて洗うのは厳禁です。

しっかりと泡立てた石鹸やボディソープをお肌にのせ、泡で汚れを包み込んで洗いましょう。体を洗うタオルですが、ナイロンタオルなど硬いものを使うのはよくありません。ソフトな素材で泡立ちのよい物を選ぶのがよいでしょう。

また、入浴は熱すぎないぬるめのお湯で行い、リラックス効果のある入浴剤などを使うのもおすすめです。

保湿

この季節のお肌は夏の間に浴びた紫外線やエアコン、室内と屋外との温度差や、季節の変わり目で乾燥しがちになります。顔はもちろんですが、ボディもしっかりと保湿が必要です。

紫外線の影響で、肩やデコルテにはシミやソバカスが、見落としがちな首の後ろはくすみが目立ちます。美白有効成分であるビタミンC誘導体等が配合されているローションやクリームがおすすめです。保湿はボディ専用品にこだわらず顔用のものを使用してもよいでしょう。

また、入浴後は皮膚の油分も洗い流されているため、そのままでいるとすぐに皮膚が乾燥してしまいます。水分が逃げない入浴後、5分以内に保湿を行うことが望ましいです。

見落としがちなパーツ

夏はサンダルで過ごし日焼けや靴ずれで足を酷使した人も多いのではないでしょうか。足も、見落としがちな部分です。日焼けによりくすんでいたり乾燥しているのでしっかりとした保湿を行いましょう。かかとの角質ケアも大切です。

また、首元は年齢が出る部分とよく言われますが、年齢を感じさせないために首のケアはとても大切です。首は顔に比べて皮膚が薄いため衰えがでやすい場所です。顔のスキンケアのついでに手に残った化粧水を首元にもつけるなど保湿を十分に行いましょう。首の後ろも忘れずに!

夏に受けたダメージをしっかりリセットして乾燥の季節に備えましょう。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー