5226名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

友利流キレイのつくり方

カサカサにさよなら!冬のドライスキン撃退法

更新日:2016/12/09

乾燥が肌のバリア機能を壊す

空気の乾燥するこの季節。お肌のかゆみや炎症を訴えてクリニックを受診する方が増えています。

水分が失われると皮膚の表面の角質層が部分的に剥がれ落ち、お肌は外部からの刺激の影響を非常に受けやすくなってしまいます。

すると、かゆみやカサつきばかりでなく、ちょっとした刺激に敏感になったり、赤く腫れ上がってしまうことも。このようなトラブルを予防するためには、肌の外側と内側からしっかり保湿をし、潤いを逃がさないことが大切です。

冬のスキンケアのポイントとは?

冬のスキンケアのポイントはとにかく保湿。さまざまな方法で保湿をし、健やかなお肌を保ちましょう。

1.スキンケア用のオイルを上手に使う
冬のスキンケアに使う化粧品はいつもより保湿力が高いものを選びましょう。毎日のお手入れにスキンケア用のオイルを取り入れるのも効果的。洗顔後すぐにお肌になじませれば、化粧水の浸透をよくするブースターの役割を果たします。スキンケア用のオイルを乳液やクリームに数滴混ぜて使う方法もおすすめ。いつもの乳液やクリームの保湿力を簡単にグレードアップすることができます。

2.メイク下地やメイク直しでも保湿を意識
日中のファンデーションや化粧下地も保湿を重視したものを選ぶのが賢明。メイクの崩れも防げます。メイク直し用のクレンジング剤はお肌を乾燥させることがあるので、乳液を持ち歩いて崩れた部分を拭うようにすれば、お肌に負担をかけることなくメイクを落とすことができます。

3.落とし穴になりがちな冬の紫外線対策
この時期に怠りがちなのがUV対策の日焼けどめ。夏場に比べてシミの原因となるUVBは少ないものの、シワやたるみなどの老化に関わるUVAは季節や天候に関係なく降り注いでいます。強いものでなくてかまわないので毎日しっかりと日焼けどめを塗ることが大切。冬場に日焼けどめを使用すると返ってお肌に負担になるのではと敬遠される方も多いようですが、最近の日焼けとめはお肌にやさしいものがたくさん出ているので、自身のお肌に合うものを試してみてください。

4.乾燥しないクレンジングと入浴時の注意
洗顔に使用するクレンジング剤は、なるべくお肌に潤いを残すタイプのものにしてください。洗浄力の強いクレンジングはしっかりメイク用に。ふだんのメイクでは洗浄力の強すぎないクリームやミルクタイプのクレンジング剤を使い、ダブル洗顔も不要です。また、入浴時には体からの水分も抜けてしまうので、顔だけでなく体にも乾燥対策のボディクリームをしっかりと塗ることを習慣づけましょう。

乾燥肌は日常生活でちょっと意識するだけで変わる!

乾燥肌対策にはライフスタイルの工夫も大切です。

1.大切なのは乾かない環境
お部屋やデスクの周りには加湿器を置き、空気が乾燥しない環境を整えておきましょう。デスクに加湿器が置けない方は代わりに観葉植物を置く方法もおすすめです。それでも乾燥が避けられない出張先などで私が行っている方法は、クリームの上からさらにオールインワンのゲルでお肌を覆ってから眠ること。こういった工夫ひとつで翌朝のお肌の状態も良好に保つことができます。

2.身体の内側からも保湿ケア
身体の内側からも保湿ケアを意識しましょう。この季節の水分補給は軽視されがちですが、水や白湯などの水分をしっかり摂ることが大切です。また、お肌の材料となる良質なたんぱく質や、フィッシュオイルや亜麻仁油などのオメガ3系やナッツやオリーブオイルなどのオメガ9系の良質なオイルを摂ることを意識し、バランスよく食べることは、お肌にとっては何よりも嬉しいご馳走です。

3.お肌の負担を減らす衣服の選び方
お肌の負担を減らすためには、お肌に直接触れるインナーはできるだけ刺激や締めつけが少ない天然素材のものを選ぶのが賢明です。化学繊維の衣服を着るときにも、インナーだけはなるべく上質な天然素材のものを着用するようにしましょう。

このようにしっかり保湿し、肌本来のバリア機能が働ける状態を保つことが冬場のお肌の状態を健やかに保つポイントです。それでも、乾燥が気になる場合は、そのまま放っておくとかゆみや炎症をひき起こすことがあるので皮膚科医の診断を受けることをおすすめします。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート