1484名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

「脱!なまけ肌!」化粧品開発者が語る、肌をなまけさせないスキンケア

”うるおい育てる顔の洗い方”とは?

更新日:2014/07/14

うるおいを閉じ込める油分とは?

昔から皮脂がお肌を保湿する役割をしていると言われてきましたが、最近の皮膚科学では皮脂はそれほど保湿の役に立っていないと考えられています。お肌から蒸発する水分の量を測る装置で、皮脂がある場合と皮脂を取り除いた場合を比較してもほとんど差がないことが分かったためです。

確かに皮脂はお肌のカサカサを防いでしっとりとさせるものの、皮脂の多い部分がかえって水分量が少なく、いわゆるインナードライのような症状もよくあります。

お肌の水分を閉じ込めている油分の主役は皮脂ではなくて、肌表面の角質層の細胞同士の隙間を埋めている「細胞間脂質」という油分です。この細胞間脂質はセラミド、コレステロール、脂肪酸が特殊な形で混ざり合った油分で、どんな高級な保湿クリームよりも優れた保湿力を持つ油分なのです。

ちなみに皮脂はスクワレンやグリセリドなどからできていて、10年以上前の皮脂がお肌を保湿していると考えられていた時代は、このスクワレンやスクワランが化粧品の保湿剤の花形でしたが、今やセラミドが取って代わっています。

これもお肌の保湿要素の考えが皮脂から細胞間脂質へとシフトしていることを示しています。

細胞間脂質が大切なワケ

細胞間脂質が減少してお肌が乾燥するのならば、保湿化粧品でセラミドを補給すればよいと考えがちですが、細胞間脂質に含まれるセラミドの量は40%以上、それに対して保湿化粧品に含まれるセラミドは1%に満ちません。

さらに、セラミドばかりが注目を浴びますが、細胞間脂質はセラミド、コレステロール、脂肪酸が黄金比率で混ざり合って、ラメラ構造という特殊な構造をつくることで優れた保湿力を発揮します。

そのため、セラミド単体を補給しても十分な保湿力を発揮しないのです。残念ながら、未だに細胞間脂質と同じ保湿剤を作ることはできず、もし作れたとしても恐らく数十万円の超高級化粧品になってしまいます。それだけ高級で効果の高い保湿剤が皆さんのお肌の上で作られているのです。

細胞間脂質を守る洗い方

クレンジングや洗顔料を使って洗うことで、この細胞間脂質も一緒に洗い流されてしまいます。そして、失われた細胞間脂質は通常24時間程の時間をかけて修復されます。

では、朝も晩も洗顔料で洗うとどうなるでしょうか?修復が追いつかなくなって1日中細胞間脂質が不足した状態になってしまいます。つまり、1日中水分をキープする力が低下した状態で、乾燥肌のスパイラルに陥ってしまうのです。

細胞間脂質のことを考えれば、クレンジングや洗顔料を使った洗顔は夜1回のみで、朝はぬるま湯ですすぐ程度にとどめておくべきです。さらに、クレンジングは洗顔料に比べて洗浄力が強く、細胞間脂質に対するダメージが大きいので、使用は必要最低限にしましょう。

また、クレンジングも洗顔料も肌の上にあまり長時間のせないこともポイントです。洗いかたを見直すことで、どんな保湿アイテムを追加するよりも高い保湿効果が得られます。

洗顔でテカリはなおる?

「朝しっかりと洗顔料で洗わないと、日中の皮脂浮きが気になる」という声をよく耳にします。そういう方に逆に質問をしたいのですが「朝、洗顔料で洗うことで、皮脂浮きしなくなりましたか?」恐らく、朝洗顔料で洗ったところで、結局お昼過ぎには皮脂浮きに悩まされているのではないでしょうか?

皮脂というのは、お肌の表面に皮脂膜を作って、ウィルスなどをブロックする働きをしています。つまり、体を防御するために必要なものなので、取り除かれればまた出そうとします。

それを繰り返すうちに皮脂腺は肥大してより多くの皮脂を作るようになります。皮脂量はホルモンバランスに影響していますので、洗う回数を減らしたからと言って、皮脂量が必ずしも減るわけではありません。

ただ、皮脂浮きしを防止するために洗う回数を増やすことは逆効果にしかならないのです。また、皮脂はもともと油ですが、お肌の表面では酵素によって水に溶ける成分に分解されるので、ぬるま湯ですすぐだけでもある程度は洗い流すことができます。一瞬のすっきり感に惑わされることなく、お肌の機能を崩すことのない洗いかたを心がけてください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート