3468名のドクターが参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

友利流キレイのつくり方

美肌暦の活用で、効果的にお手入れしよう!

更新日:2016/12/09

タイミングを見極めれば、お肌はもっと美しくなる!

同じようなお手入れをしているのに、効果が感じられる時とそうでもない時があると感じたことはありませんか?その秘密はお手入れをするタイミングにあります。

自分のお肌のタイミングや季節のタイミングを見極めて、最も適したケアの方法を知っていればトラブルを事前に防ぐことができますし、もっともっとキレイに近づくことができます。私はこのようなスキンケアサイクルを「美肌暦」と名付けて、効果的で効率的なお手入れ方法として推奨しています。

キレイのカギは生理周期!

女性の身体は生理周期とともに、女性ホルモンの分泌が変化します。その影響で、お肌の状態にも周期があるのです。

生理周期は、卵巣から卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)」という2つの女性ホルモンが分泌されることによって起こります。

生理が終わってすぐの時期から排卵までに多く分泌されるのが卵胞ホルモン。このホルモンは別名、美肌ホルモンとも呼ばれます。このホルモンが多く分泌されている時期は、お肌の水分量が増えて気分も前向きになり、お肌の状態は特別なことをしなくても良好に保てます。

排卵後から生理前までに分泌が増えるのが黄体ホルモン。黄体ホルモンが増える時期は不快症状が出やすく皮脂の分泌が過剰になるので、むくみや肌荒れ、頭痛や精神的なイライラも募ります。

お肌はその時々で求めているものが変わります。ですから、そのタイミングで1番効くお手入れをすることがキレイに近づくために最も重要なことなのです。

生理周期を28日とした場合、美肌のためのサイクルは以下のようになりますのであなたのスキンケアの参考にしてみてください。

1.ゆるゆる期(生理期)/生理開始1~5日目
卵胞ホルモンの低下で肌が乾燥し、肌トラブルが起こりやすい時期。お肌への影響が強いお手入れはこの時期にはNG。体温が下がる時期なので、身体を温めることも大切です。

2.きらきら期(卵胞期)/生理開始6~12日目
水分量がぐんぐん増えていくのでお肌は最も良い状態。新しい化粧品を試したり、顔剃りやピーリングなどの積極的なお手入れはこの時期に。フォトフェイシャルやレーザー治療など美容医療にチャレンジするのにも向いています。

3.セクシー期(排卵期)/生理開始13~15日目
肌の調子は最高に良く、28日の間で最も美しさが高まる時。この時期も攻めのケアに適しています。

4.ニュートラル期(黄体期)/生理開始16~21日目
徐々に卵胞ホルモンの分泌が低下していく時期。攻めのケアから守りのケアにシフトして保湿をメインとした優しいケアを。

5.のんびり期(生理前期)/生理開始22日~28日目
身体が水分を溜め込みやすい状態になるため、むくみやすい時期。お肌は乾燥しやすくなり、トラブルも多くなりがち。体内の血流が悪くなるので、温冷パックやマッサージ、入浴などで血行を促進することをオススメします。PMS(月経前症候群)がひどい人は無理せず1度受診して。

季節のケアで年中キレイ

生理周期に合わせたケアと同時にもう1つ意識して欲しいのが、季節に合わせたスキンケア。気候の変化に合わせてスキンケアのポイントも変わっていきます。

1.春
寒さが緩んでくる反面、花粉やほこり、引越しなどの環境変化で肌トラブルを起こしやすいのがこの季節。肌が敏感になっている時には積極的なケアを避け、保湿をメインにした優しいケアでお肌のバリア機能を上げるようにしましょう。

2.夏
紫外線の対策をしっかり心掛けたい時期。美白を目的とした美容液などは肌が安定している6月頃から秋口まで使い続けるのがオススメ。レーザーや光脱毛をするためには、この時期になってから慌てるのは遅すぎです。ツルツル素肌で夏を過ごしたいのなら前年の秋か冬の間に始めて。

3.秋
秋のお肌は夏のケアをしっかりやれたかどうかが判断できる通知表。乾燥も始まる季節なので不安定になりがち。ごわついてくすみがちな肌にはケミカルピーリングなどの角質ケアがオススメ。冬を乗り切る肌の体力を上げるためには保湿もしっかりと行いましょう。

4.冬
冬のスキンケアのポイントはとにかく乾燥対策。保湿のための美容液やクリームをプラスしたスキンケアに切り替えましょう。さらに加湿器を使用したり、お水や白湯などの水分をしっかりと飲むなど内側と外側からの乾燥対策を心掛けて。
冬の間のUVケアは必要がないという考え方はナンセンス。シミや日焼けの原因となるUVBは少なくても、シワやたるみの原因となるUVAは1年中降り注いでいます。日焼け止めは1年中必要だということを心得て。

こういった季節ごとのスキンケアの切り替えも、生理周期の中の攻めの時期に行っていくのがポイント。自分の生理のサイクルと1年のサイクルを組み合せて、オリジナルの美容サイクルを作っていくことをオススメします。

他の「コラム」を読む

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート