1451名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

Dr.由香子の美肌塾

石鹸洗髪で頭皮の痒み、肌荒れ、背中のニキビが治る

更新日:2016/12/09

石鹸洗髪

頭皮が赤く痒いのは脂漏性皮膚炎

頭皮が赤く痒い症状は、皮膚科で“脂漏性皮膚炎”と診断されます。

“脂漏性皮膚炎”とは、皮脂の多い部分に常在菌であるカビが繁殖して皮膚炎を起こす病気です。薬を塗ると症状は治まりますが、塗るのをやめるとまた症状が出現する、治りにくい皮膚炎です。

脂漏性皮膚炎の大きな原因はシャンプー

実はこの皮膚炎、シャンプーやリンスが大きな原因なのです。

シャンプーやリンスには、毒性の強い合成界面活性剤が配合されています。最近では、比較的洗浄力の弱い“アミノ酸系シャンプー”が存在しますが、合成界面活性剤であることには変わりはなく、頭皮の皮膚構造を壊して炎症が引き起こされます。

また、合成界面活性剤の殺菌作用で、頭皮の常在菌のバランスが崩れ、皮膚炎を起こすカビが増えてしまうのです。

“ノンシリコンシャンプー”が頭皮に優しいと勘違いしている方が多いですが、シリコンが配合されていないだけで、合成界面活性剤が主成分です。

石鹸洗髪が悩みを解決する

頭皮の脂漏性皮膚炎でお悩みの方は、石鹸で洗髪することをオススメします。

石鹸で洗髪するなんてありえない~!ときっとお思いでしょう。

確かに石鹸でシャンプーすると、最初のうちは髪の毛がゴワゴワします。カラーやパーマで髪質が痛んでいる方は、ゴワゴワ感が顕著に表れ、石鹸でのシャンプーを断念したくなるかもしれません。でも、頑張って続けると、頭皮と髪本来の健康が戻ってきます。

嬉しいことに、お顔の乾燥肌、ニキビもよくなるかもしれません。背中のニキビに悩んでいる方のほとんどはトリートメントが背中につくことが原因なので、長年の悩みから解放されるでしょう。

実は私はこの数年間で石鹸洗髪を5回ほど挫折しています。

頭皮の赤みや痒みは改善するのですが、やはり髪の毛がゴワゴワして絡んでブラシも通らなくなりました。

しかし数ヶ月前からまた石鹸洗髪を使い始めました。顔には一切合成界面活性剤を使用していなくても、顔の皮膚とつながっている頭皮に合成界面活性剤を使うことに、やはり強い抵抗を感じていたからです。

今回は髪の毛のゴワゴワをそんなに感じません。たぶん、髪の毛をロングからセミロングにして、髪の毛が痛んでいない状態で使い始めたからだと思います。このまま合成界面活性剤シャンプー類とは縁を切れそうです。

液体の石鹸シャンプー、リンスが市販されていますが、今回私は無添加の固形の石鹸を、リンスとしては薬局で買ったクエン酸を使用しています。

石鹸洗髪を成功させるコツ

石鹸洗髪のコツをお話しします。

1.洗髪前にブラッシングする

2.手で頭皮をもみ込むようにしてシャワーでよくすすぐ

3.固形の石鹸を頭皮に軽くすり込むようにして泡立てる。洗うのはあくまでも頭皮であって、髪の毛を洗うのではない。

4.1回目は泡立たないので予洗い的にさっと済まし、洗い流して2回目できちんと泡立てて頭皮を指の腹で洗う。

5.石鹸をよく洗い流す。この時洗髪ブラシを使うと短い時間で洗い流せる。

6.手の平にクエン酸を数回に分けて取り、髪の毛全体にいきわたるようにつける。クエン酸は髪の毛についた水分で溶けていく。(石鹸で洗髪して髪の毛がアルカリ性に傾くとキューティクルが広がるので、クエン酸で弱酸性に戻す必要がある。)

7.頭皮をマッサージする

8.すすぐ

長年頭の脂漏性皮膚炎に悩んでいる方、肌荒れ、ニキビをどうにかしたい方、背中のニキビが治らない方、騙されたと思ってやってみてください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート