1425名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

美肌を作る 雑穀ごはんと旬おかず

今注目の調味料「塩レモン」で作る究極の美肌ごはんとは?

更新日:2014/07/11

注目の『塩レモン』

塩糀に続く調味料として注目されている塩レモン。

いわゆるレモンの塩漬けですが、モロッコでは調味料としておなじみです。梅干しのように爽やかな塩味の塩レモンはいろいろな料理にも合います。

塩レモンは女性の美肌に必要な成分がたっぷり!

では、塩レモンが美肌に良い成分とはどんなものなのでしょうか。

・クエン酸
レモンに含まれるクエン酸は糖質の代謝を促してくれるのでお肌の新陳代謝UPにも。また、酸味は唾液の分泌を促進させるので、消化を助けてくれます。

・ビタミンC
コラーゲンの吸収を良くし、抗酸化作用があります。

・リモネン
レモンの香りの成分であるリモネンはリラックス効果が。

その他、レモンと塩が熟成されて旨味が増し少ない塩分でも美味しく感じられます。またお料理にレモンが入ると、お料理全体が色鮮やかになります。香り、彩り、美味しさなど塩レモンを取り入れると日々の食事を5感で楽しむことができるのです。

塩レモンの作り方

こんなに魅力たっぷりの塩レモンですが、作ってから最低1週間以上 漬けこまなければなりません。気になるけど、作ろうか、どうしようかと悩む前に、まずは作ってみましょう。

【塩レモン】

塩レモン

【材料】分量:作りやすい分量

レモン:5個

塩:75~100g(レモンの15~20%)

清潔な瓶:1個(750mlでちょうど良い大きさです)

【作り方】

1.瓶をよく洗い、熱湯をかけて消毒する。レモンはよく洗い、ペーパーやふきんなどで水気をよく拭き取る。

作り方

2.輪切りレモンは、5mm厚の薄切りにする。乱切りレモンは縦半分に切り、1個を8~10等分の乱切りにする。

レモン、塩

3.瓶に塩を入れ、レモン、塩…といった感じで重ねて入れ、最後に塩を入れて蓋をする。

※1日1回くらい瓶を振ってレモン汁、塩、レモンが混ざるようにする。

※瓶は口が広いものの方がオススメ。

※料理などで使用する際は清潔な箸、スプーンを使って取り出す。

直射日光の当たらない冷暗所か冷蔵庫で1週間以上置いてくださいね。

「塩レモン」で作る究極の美肌ごはんレシピ

では最後に 夏バテにも負けない、紫外線からもお肌を守る究極の美肌ごはんのレシピをご紹介します。

【鶏肉とミニトマトの塩レモンピラフ】

鶏肉とミニトマトの塩レモンピラフ

【材料】分量:1合分(2~3人分)

米:1合

雑穀(ひえ・あわ・きびなど小粒のもの):大さじ2

鶏もも肉:100g

(下味)塩レモン(輪切り):1/2枚

ミニトマト:6個

いんげん:3本

A.オリーブオイル:大さじ1

A.にんにく(みじん切り):1/2かけ

B.水:200cc

B.塩レモン(輪切り):2枚

B.黒胡椒:少々

【作り方】

1.鶏肉は一口大に切る。下味の塩レモンを揉み込んで10分以上置く。いんげんは長さを半分に切り、塩茹でする。

2.フライパンにAを入れて火にかけ、鶏肉を中火~強火で炒める。周りに焦げ色がついたらいったん取り出し、洗った米と雑穀を加えてさらに炒める。

3.全体に油がまわったらBを入れ、沸騰したら鶏肉、ミニトマトをのせて蓋をし、弱火で10~15分加熱する。蒸らしあがったら、お皿に盛り付けいんげんを飾る。

【美肌ポイント】

・鶏肉のコラーゲン、ミニトマトのリコピンなど美肌成分がたっぷり。

・コラーゲンはレモンやミニトマトに含まれるビタミンCといっしょに摂ることで吸収率がUP!

・レモンのクエン酸がお肌の新陳代謝をよくしてくれます。

是非お試しくださいね。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート