1429名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

Dr.由香子の美肌塾

お肌の潤う力を回復させる方法

更新日:2016/12/09

季節によって肌は変わる

じめじめとしたこの季節、お肌もべとべとして、鬱陶しいですね。お肌を外側から守っている皮脂膜は、皮脂腺から分泌される皮脂や天然保湿成分、汗等から構成されます。冬と夏では、皮脂膜を構成する成分の比率が変わり、お肌は自動的にその季節にあった状態を作り出します。

今の季節に、冬と同じスキンケアをしていては、お肌は過保護すぎる状態になります。過保護にし過ぎると、赤みが生じたり、チクチク痒く感じたりの症状が出現します。今の季節の、スキンケアはシンプルにするのが良いのです。

洗顔後何も塗らなのが理想的

本当のあなたのお肌は、洗顔後何もつけていないお肌だとわかっていますか?化粧水や乳液、クリーム、オールインワンゲルには合成ポリマーという物質が配合されているので、それらでスキンケアしたあとのお肌は本当の肌ではなく、合成ポリマーで潤って見せているお肌なのです。

健康なお肌は何もつけなくても潤うことが出来ます。もちろん冬でもです。私たちは、化粧品を使うことによって、肌が自ら潤う力を低下させています。特に合成界面活性剤が配合されている化粧品は、皮膚の構造を壊します。スキンケアをするにしても、合成界面活性剤や合成ポリマーが配合されていない化粧品を選ぶことが大切です。

週末肌断食のススメ

少しでも肌力を回復させるために、この季節だから出来ることをしてみませんか?お休みの日は、天然の石けんで洗顔して、その後何もつけないでみましょう。ただし冷房がガンガン効いているお部屋にいるのでは、お肌の力は発揮できません。

本来の人間のあるべき姿に少しでも近づけるように、暑い日でもエアコンをつけず、窓を開けて風のみで涼み(無理な地域はエアコン温度を高く、微弱風に設定し暑いと感じる温度に)、お肌には何もつけない。そんな週末をおくってみませんか?

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート