1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

自己クレンズ生活、はじめましょう

何もしなくてもOK!今すぐ“美BODY”習慣

更新日:2014/08/13

美BODYをカラダに形状記憶させる

こんにちは。今日は特別な運動や食事制限をせずに日常を美ボディ習慣に変えるご提案をしたいと思います。それは、「常に身体にちょっとチカラを入れること」です。

人は全身鏡を見るとき、自然と自分のスタイルが良く見えるようにキュっと力を入れますよね。あの時の姿勢やチカラを日常から保つように心がけることで、特別な運動や食事制限をしなくても理想のボディに近づくことができます。

具体的には、お腹を引っ込める、お尻にキュっと力を入れる、胸を張って少し突き出すようにする。そうすることにより身体に「美BODY」を形状記憶することができます。脳は意外に簡単に騙せるものだと以前も書かせて頂きましたが、身体だってそうなのです。

ボディパーツは高ければ高いほどいい

まずはイメージングからスタートします。全身のボディパーツは上にあればあるほどいいと考えましょう。胸だってお尻だって勿論そうですし、細かい部分でいえばヒザやヒジのお肉だって、上にあればあるほどいいですよね。

そう考えると日常で自分のパーツを常にちょっと上に持ち上げていこう、と思いながら生活することが重要です。自分の身長が実際よりも2〜3センチほど高いと思い込んで過ごしてみると、常に身体の筋肉がキュっと上に持ち上がります。上に上にUP!と意識してみましょう。

常に頭の中でプリっとした身体をイメージしながら

せっかく本当はいいボディラインをしている人も、丸い背中や力の入っていない歩き方をしていては意味がありません。美BODYは、他人にそう見せてこそ意味があるもの。常にS字ラインでピシっと立って歩いている自分をイメージしながら過ごしましょう。

女性の身体はキュっと引き締まった、プリっとした印象でこそ人を魅了します。自分のスタイルに今はあまり自信がないなと感じている人も、まずはダイエットよりも自分の見せ方を意識しましょう。そうすることで美BODYオーラを出すことができます。

私も本当は食べ過ぎてお腹がぽこっと出ている時や実際体重が増えてしまってピンチと自覚している日も、スタイルが良さそうに見える姿勢で美BODYなフリをしています。

今日から即席美BODY習慣、はじめてみてはいかがでしょうか。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート