1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

美容皮膚科をうまく利用する方法

意外としらない!?ボトックス注射の良し悪し

更新日:2016/12/09

皆さん、『ボトックス注射』というとどのようなイメージを持たれていますか?おそらく良いイメージよりも悪いイメージの方が多いのではないでしょうか?整形、芸能人、不自然さ、笑えない、ひきつる、痛い、まだ必要ない、怖い、注射……など。

実際、現場で施術を行っている我々からしてみると、そのほとんどが“単なるイメージ”にすぎないものと感じます。実際は皆さんが知らない、そして魅力ある結果を引き出す施術であり、皆さんにおススメの施術なのです。今回はボトックス注射についてお話しします。

もちろんメリット、デメリットの両方をお話ししますが、これを読み終えたらきっと“ボトックスをやらなきゃ!”と思うはずです。

しわとボトックス注射

以前、このコラムで“しわ”のお話しをした際に“ボトックス”についても軽く触れました。表情によってできてしまうしわは主に額、眉間、目じりがあります。どの年代でも笑ったり、しかめたりすればそのしわは現れます。では老けて見える理由は何でしょうか?

それは年齢と伴にしわ自体が長くなったり、深くなったり、多くなったり、またしわが溝となって常にある状態の時に老けて見えていまいます。すべては表情筋や皮膚の質の変化によるところです。そのようなしわの原因となっている表情筋に作用するボトックス注射は“しわとり”の有効な手段なのです。

ちなみに欧米では日常的にボトックスは行われ、ランチに行くような感覚でボトックスを受けるそうです。

そもそもボトックスとは?

ボトックスで使用する製剤であるボツリヌストキシンは、ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質の一種で、局所の神経と筋肉の間をブロックすることで筋肉の収縮を弱めるものです。

アメリカでは、アラガン社が製造したボツリヌストキシン「ボトックス(商品名)」が眉間のシワ治療薬としてFDA(米食品医薬品局)で認可され、その安全性・効果性はすでに確立しており、日本でもつい最近“眉間のしわ”について厚生省の認可がおりました。

今では多くのクリニックがアラガン社製(ボトックスビスタ)のものを使用しています。ボトックスは比較的安全な施術で、持続期間もある程度期待できる方法なので、人気の治療です。

ボトックスのメリットは?

ボトックスのメリットはやはり“表情時の深くなるしわが解消”されることです。ですが、意外と皆さん、自分のしわには気づいていません。それもそのはず、表情がでている時は自分の顔を見ないからです。

友人と会話しているとき、本を読んでいる時、遠くを見るときなどです。気づいているのは自分ではなく周りだったりします。自分ではなかなか気づかないので、いずれ深い溝のしわになってしまうのです。

そこでボトックスのもう一つのメリット、今後出るであろう“深い溝のしわ”つまり表情なくともあるしわの予防です。ボトックスは継続が基本ですが、続けることで確実にしわができにくくなります。

それでもボトックスは避ける傾向にある日本人ですが、確実に言えることは『ボトックスをやるやらないでは数年後、10年後のお顔は異なる』ということです。異なるというのは整形のように形が変わるということではありません。見た目の“肌印象”が異なります。

20代後半のかたでもしわが出やすいかたはおススメします。どうですか?ボトックス始めませんか?

しわ以外の効果

ボトックスの効果はしわだけではありません。最近はマイクロボトックスによるリフトアップ、毛穴の開きへの効果、エラに対しての小顔効果、多汗症など様々なお悩みにも適応があります。

ボトックスのデメリット

メリットがあるならデメリットもお話ししなければなりません。筋肉をリラックスさせるのが目的であるボトックスですので、その作用が余計な筋肉に波及してしまうと思いもよらない副作用がでてきます。

その一番が“眼瞼下垂”です。これは眉間のしわとりで出る可能性がありますが、最近はボトックスビスタを販売しているアラガン社専属のドクターが各施設(ボトックスビスタ取扱いのある)の実技教育を行っているで、ほとんどありません。

また額への注入の際は目の開きに重さを感じることがありますが、1か月程度で気にならなくなります。始めに記載したイメージである“笑えない、ひきつる”といったものは実際のところあまり見られません。注入する部位、量によると思われますが、通常の注入であれば現れません。

また、副作用ではありませんが、ボトックス製剤への抗体ができてしまうと効果がでなくなります。たいていは1回量が多い時、頻回で行った時のようですが、美容で使う量ではめったにでないと思われます。

今回の美容皮膚科をうまく利用するポイント

さて、いかがでしょうか?ボトックスは現実には良い面がほとんどなのです。施術自体も短時間で、痛みもわずか。自然な変化がうかがえる美容法であり、早く始めるにこしたことはなく、30代からはもちろん、20代のかたでも気になる方は施術をおすすめします。

早く気付いて早く対処することが“美”への近道です。これを機会に自分のしわをチェックして、美容皮膚科に足を運んでください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート