5232名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

恋愛を通じてキレイをつくる

女の命…それはズバリ肌の質感!

更新日:2015/04/22

肌の質感

肌の質を決めるもの

オンナの命はずばり、肌の質感である。メイクを凝るよりも、肌の質感を整える方が先決である。肌の質感が表わすもの、それは美貌だけではない。
 
「幸福感」「健康感」「清潔感」「好感度」「気品」
 
これらをあらわすには、メイクでは到底カバーできないのである。
 
ある女性国会議員が集中砲火を浴びている。衆議院本会議を欠席しながら、その前日には3軒ハシゴの飲み会。翌日からの旅行にも批判が高まっている。もちろん、彼女の国会議員としての資質については、私も大いに問題があると思う。小選挙区では落選しながら比例で復活した身なら、なおさら、議員にとってこの上なく重要な本会議出席という仕事は多少の病を押してでも決死の覚悟で出席すべきだろう。

しかし、今回は議員としての資質はさておき、彼女のメイクに激しい非難の矛先が向けられている。

「あのたれ目メイクがむかつく。」
「おそらくマスカラを1か月に10本は消費しているだろう。」

女性を中心に手厳しい批判が投げつけられる。
 
特にアイメイクに強い非難が寄せられているが、実は、彼女は肌の質感で損をしているのではないか、と私は思う。年齢もまだ若いし、先天的には肌もきっと美しい人であろう。しかし、あのオレンジピールスキン(でこぼこの肌状態)が彼女の行動と相まって彼女をいやがうえに悪役にしてしまうのである。
 
ノーメイクならば目立たないものを、厚めのベースメイクと強いアイメイクで必然的に顔に視線が引き寄せられる。すると残念なことに、オレンジピールスキンが足を引っ張ってしまうのである。

肌の質感を整える方法

恋するオンナは美しい。女性ホルモンがいつも以上に分泌され、肌がしっとりと潤って、ピンクパールのように淡い光を放つのである。素肌が見違えるように美しくなるから、メイクなんていらなくなるし、どんなメイクでも似合ってしまうから不思議だ。恋ほどオンナの肌の質感を劇的に変える妙薬はない。もちろん、恋とは相思相愛のハッピーな恋愛であって、すったもんだの色恋沙汰は、皮肉なことに逆に作用するのである。

肌は健康を如実にうつす鏡でもある。

・乱れた食生活
・喫煙
・多量の飲酒
・夜更かし

どんな美肌の持ち主でも、生活と精神の規律が乱れると、たちまちきめの粗いオレンジピールスキンになる。もしオレンジピールスキンになってしまったとき、まずは整えることが必要。

・生活を整える
・規律を整える
・人間を整える
 
 それらが肌に反映されるのである。遠回りのようだけれど、肌の質感を整える基本の「キ」はここにある。もちろん正しいお手入れも大事。エステなどのメンテナンスも重要である。しかし、それ以上に肌に反映される事柄があることを忘れたくないものである。

※前回の記事『オンナの美貌、色気には健康が必要』も参考にしてください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート