1431名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

恋愛を通じてキレイをつくる

失恋こそオンナを輝かせる最大のチャンス

更新日:2015/05/25

失恋を恐れて、恋愛から遠ざかるのはとてつもなく愚かなことだ。 恋には必ずと言っていいほど、終わりがある。たとえ別れなくても、いずれトキメキは消えていき、恋心は家族愛や同士愛に変質していく。所詮、恋とは終わる運命にあるのだ。

一方的に別れの言葉を残して、恋人が去っていくことだって、長い人生にはあるかもしれない。誰かに恋人を寝取られることだってあるかもしれない。反対に、大好きだったカレに対する熱が嘘のように冷めて、辛いけれど自分から別れを切り出さなくてはならない局面があるかもしれない。

いずれにしても、別れというのは身を切られるように辛く切ない。生きる意欲も失せてしまうくらい失恋とは苦しいものだ。捨てるのも、捨てられるのも、どちらも苦しく、血反吐を吐くような試練に耐えなければならない。

失恋が辛くないのは、本物の恋をしていないときだけ。本気で惚れて、尽くして、愛されて…。そんな唯一無比の存在を失う喪失感は誰にとっても、いくら経験を重ねたとしても、筆舌に尽くしがたい苦しみなのだ。

しかし、どんな痛みも身体全体で受けよう。逃げてはいけない。痛みと向き合うのだ。どんなに紛らわせようとしても、紛らわせられるものではない。何回経験したって、辛いものはとことん辛いのだ。動かなくて済むならば、布団にくるまって数日泣き明かして暮らしたっていいではないか。

苦しみから逃れようとして、安直な恋もどきにすがるのは最も愚かなことだ。自分で自分が愛せなくなる。へこめるだけへこめばいい。必ず、必ず時間が解決してくれる。治らない傷がないように、多少の傷跡は残るかもしれないが、失恋の痛みも必ず消えて失せるものだ。

しかし、失恋によって自分の人生をつぶされてはダメだ。少しずつ元気を取り戻したら、自分の人生を磨く努力は怠ってはいけない。新しい恋愛を見つけるより、自分の人生をより輝かせる努力をすべきだ。失恋後は、自分の人生をステップアップさせるための最大のチャンスの時なのだ。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート