1424名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

漢方ではじめるエイジングケア

女子なのにヒゲが…!オス化を食い止める「陰陽バランス」を知ろう

更新日:2015/12/21

main

「オス化女子」という言葉をご存じですか? 濃いヒゲが生えたり、生理が止まったり…。今、そんな体の変化にとまどう女性が少なくありません。「オス化」「オヤジ化」は、漢方で見る「陰陽バランス」と深く関係しています。

オス化の原因は陰陽バランスの崩れにあり!?

漢方の世界には「陰陽論」があります。この世に存在するものはすべて「陰」と「陽」に分けられるという考え方です。

陰陽論
・男性は「陽」、女性は「陰」
・太陽は「陽」、月は「陰」
・春・夏は「陽」、秋・冬は「陰」

このように互いに対立し、抑制し、助け合い、変化・転換することが、自然の法則であると捉えているのです。陰陽は決して不変ではなく、太陽が昇って沈むように、常に変化しながらバランスを保っています。
人間の体も「陰陽」の2つに分けられます。陰は肉体(血)、陽はパワー(気)です。陰陽のバランスがうまく保たれていれば健康であり、崩れれば不調が現れ、病気になります。

さて、女性のオス化ですが、西洋医学的には働き過ぎやストレス、夜ふかしなどが引き金になり、女性ホルモンのバランスが崩れることが原因とされています。一方、漢方で見ると、陰の不足が考えられます。たとえば夜は、細胞が修復され、ホルモンが生成される「陰の時間」。夜ふかしを長時間続ければ、多くの陰が消耗し、体に必要な物質が慢性的に不足して陰陽のバランスが崩れるのです。その結果、体臭や口臭がきつくなるほか、体毛が濃くなる、生理が止まるといった「オス化現象」が起こってしまうのです。

女性は陰を補うべし!

女性らしく健康に過ごすためには、「陰を補う」ことがもっとも重要です。中国医学の聖書『黄帝内経』には“病の元は陰陽にある”と記載されています。そこで、治療はまず病の原因が陰であるか、陽であるかを見極めてから行われます。陰陽の変化によって、人間の生、老、病、死が決定づけられるからです。

女性ホルモンは「血」の仲間で「陰」に属します。更年期になると、急激に女性ホルモンが減るので陰が不足します。内から熱く感じられるホットフラッシュはこれが原因です。陰が不足した結果、不調が発生し、次第に陽も減り始め、活発さが失われてしまうのです。これは陰陽バランスの連鎖変化。陰も陽も単独では成り立たず、陰陽のバランスが取れた状態が健康な体を作ります。

陰陽バランス養生法で女子力アップ!

オス化を食い止め、いつまでも女性らしく健康でいるためには「養生」が大切。養生の本質は、陰陽バランスを保つことです。

自然の流れに順応しよう
気温や室温に応じ、着るもので体温調節をしましょう。寒いのにオシャレだからといって薄着をすると、どんどん体が冷えてしまいます。そして、血のめぐりが悪くなり、婦人科系の不調が現れるのです。

春夏に陽を、秋冬に陰を、それぞれ補いましょう
食べ物に旬があるように、陰陽にも各々のエネルギーがピークになる旬があります。春夏は主に陽を補い、秋冬は陰を補う時期です。陰は血の形で現われるので、血を養うことは陰を養うことになります。陰・血を養う代表的な漢方素材は「アキョウ」、陽を補うのは「冬虫夏草」です。陰を補う食材としては、レンコン、大根、鴨肉、胡麻、柿、ハチミツなどがあります。

生活習慣を見直しましょう
夜ふかしは陰を損なうので、早めの就寝を心がけましょう。また、適度な運動もいいですが、冬は激しい運動でたくさん汗を出すことは控えましょう。

オス化は、陰が足りず、陽が優位になったことが原因。陰の不足は、ホルモン系のトラブルや、なんとなく不調、肌の乾燥なども招きます。「オス化してるかな?」と感じたら陰陽バランスを整えてみてください。健康とともにエイジングケアもできるはずです。

あわせて、『美肌や美髪をつくり、体を整える!女性の若さの根本は「血」』の記事もぜひご覧ください。
 

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート