5223名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

本物の【美】を求めている方への【運動】【食事】【水】の提供

寝るだけ簡単!冬太りを解消するくびれスリープ体操

更新日:2016/03/25

体を縮め続けることが腹肉のはじまり

暦の上では春を迎えましたが、寒が戻ると、片付け損ねているコタツにくるまったり、毛布をかけて家でじっとしていたり…。そんなことがありますよね。でも、それでは体は縮こまってしまいます。実はこの「体の縮こまり」によって、お腹周りに肉がついたような状態に陥ることがあるのはご存知でしたか?

今回は、その解決方法を、「スタジオCarpeDiem」「スタジオONE」代表を務める筆者がお届けします。

お腹の筋肉のつき方知ってますか? 

それでは、簡単にお腹の筋肉のついている場所を説明します。お腹の筋肉は、肋骨の一番下から鼠蹊部(そけいぶ)、そして股の部分までついています。

main

この部分を常に縮めていると筋肉が硬くなり、血流が悪くなるとともに、老廃物や余計な塩分が代謝されなくなり、お腹の部分にたるみやむくみが出やすくなります。

1日3分でくびれを目指す『くびれスリープ』にチャレンジ!

それでは、さっそく「くびれスリープ」を始めていきましょう。
1.クッションや厚手のバスタオルまたは枕をご用意ください。
2.肩甲骨の下にご用意頂いたものを置いてその上に寝ます。
3.両手のひじを曲げてバンザイ、両足も伸ばせそうなら、しっかりと伸ばしていきましょう。

main

4.この時、あごが上がってしまう方は、頭にクッションか枕を置くようにしてください。また腰が痛い方は、一旦中断し、時間が経ってから再度行うようにしてください。
5.この状態で3分、息を吸って、吐いてを繰り返してください。肋骨の広がりを感じながら行ってください。
6.終わったら横に転がるようにおりて、背中を丸めて筋肉、関節をさらに緩めます。

寝るだけで簡単にできる、この『くびれスリープ』は、くびれを作る以外にも猫背の改善、肩こり改善、呼吸器系や内臓にもいい影響をもたらしてくれます。寒くても家でできるこの『くびれスリープ』でウエストのくびれを取り戻し、薄着の季節に備えましょう。

あわせて、『キュッと引き締まった美ヒップを作る!足長&美尻エクササイズ』の記事もぜひご覧ください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

スキンケア大学へのご意見・ご感想

このページはお役に立ちましたか?
皆様のご意見・ご感想をお聞かせ下さい。

※いただいたご意見・ご感想に対してのお返事は差し上げておりません。

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート