1449名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

漢方ではじめるエイジングケア

夏は冷え性を治すチャンス!東洋医学流・冷え性対策

更新日:2016/07/22

a

ようやく、梅雨が明けましたね。気象庁の予報では、今年は猛暑になるようです。そうなると自然と涼を求めて、かき氷やアイスクリームなどの冷たい食べ物が無性に食べたくなります。そうめんや冷奴、キンキンに冷えたビールがたまらない季節ですね。でも、ちょっと待ってください!その前に確認したいのですが、あなた、冷え性ではありませんか?

冷たい飲食物が冷え性の原因に!?

あまり知られていませんが、夏の冷たい飲食物は冷え性を引き起こす原因の一つです。東洋医学では、人体は季節や環境に順応し、暑い夏の間は体内の「陽気」が上昇して気が充満し、秋冬の寒気に対抗できるように準備をします。本来なら陽気が上昇しすぎないように、夏に適量な涼味を摂取した方がいいのですが、摂りすぎてしまうと陽気を損なってしまい、寒い冬になると冷え性として表れてきます。

夏は冷え性を治すチャンス!

手足に冷えを感じると、温かいものを触って寒さを和らげますよね。このように、寒い季節よりも、外気が高い夏の方が冷えを治すのに効率的ということです。つまり、夏は冷え性を退治する絶好のチャンスなのです。これは、大昔からあった東洋医学の「冬病夏治(とうびょうかじ)」という治療法で、自然界の環境を利用し、より一層治療効果が高められる方法です。冷え性以外に、冬に酷くなる喘息、気管支炎、関節リウマチ、冬季乾燥型アトピー皮膚炎、アレルギー性鼻炎なども、夏のうちに対処すると大変効果的です。

「ちょい足し」で冷え性対策!

冬病夏治は、お医者さんが個々の体調体質に合わせて漢方薬を調合し、外用薬で治療する方法がメインですが、今回は自宅でもできるお手軽な方法をご紹介します。それは、食卓にある調味料を活用する方法です。スパイスの生姜、胡椒、山椒、花椒、シナモン、クミンシード、ナツメグ、クローブ、フェンネル、八角、カルダモンが、冷え性に効果的です。

これらは薬効があるスパイスで、体を温めて陽気の成長を手伝います。このなかでも、生姜、山椒、シナモン、フェンネルは、「温裏薬(おんりやく)」と分類される生薬でもあります。温裏とは、陽気を補い、寒邪を除去し、全身や局所の血液循環を促進し、代謝機能を高めることで内側の冷えを治療することです。

特におすすめなのが「生姜」と「シナモン」

生姜とシナモンは比較的手に入りやすく、普段の食事にも取り入れやすいので特におすすめです。冷え性にお腹の冷え・嘔吐、下痢をともなう場合は生姜がベスト。お腹の冷えや腰の冷え・痛みをともなう場合はシナモンがベストです。使用の際の注意は、少量ずつ継続してみること。1日のうちでも、朝から昼頃までに摂取すると、一番効果的です。特に生姜の場合は、夜の摂取をできるだけ避けた方がよいでしょう。

夏のうちに陽気を養い、血液循環をよくしておけば、冬の冷え性に悩まされることもなくなるでしょう。頑固な冷え性の方は血液が不足している状態(血虚)が考えられるので、漢方素材のアキョウとスパイスを一緒に摂取するとよいでしょう。また、これらのスパイスには、美容効果や胃腸の調子を向上させる働きもあるので、基礎代謝がアップしてダイエット効果も期待できます。冷え知らずの健康的な美しさを目指しましょう。

あわせて、『美肌や美髪をつくり、体を整える!女性の若さの根本は「血」』の記事もぜひご覧ください。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート