1419名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

芸能人オーラを得る美ボディメイク法

不妊の原因にも!? O脚を整えるストレッチ&エクササイズ

更新日:2016/10/20

あなたは立位の姿勢で、足を揃えてまっすぐ正面を向いたとき、両ひざの間に隙間はありますか? もし指2本分以上の隙間ができるのなら、あなたはO脚かもしれません。

日本人女性に多く見られるO脚。大腿骨がねじれ、骨盤内部の血行が悪くなった結果、非常に疲れやすい体になってしまいます。さらに、正面から見たときに脚が太く見えてしまうというデメリットもあります。

O脚をケアするメリット

不妊治療中で、しかもO脚をお持ちの女性は、ぜひ妊活の一つとしてO脚ケアを生活習慣に取り入れてほしいと思います。なぜなら、O脚をケアすることで婦人科系疾患のリスクを減らす効果が期待できるからです。そのほかのメリットがこちら。

・ひざ、腰、背中の痛みの緩和
・外反母趾、扁平足(へんぺいそく)のケア
・下半身の疲れ、慢性疲労の緩和
・美脚作り(O脚ケアは細くて美しい脚を作る基本のボディメイク術)
・ホルモン分泌の乱れのケア など

不妊治療とO脚ケアの関係

O脚が進行すると、下半身のラインが崩れるだけでなく、姿勢が悪化し内臓が下垂。その結果、変異した内臓が子宮を圧迫し、着床しにくい体になるといわれています。また、加齢によっておこる卵子の老化や機能低下を早めてしまうため、O脚は女性にとってメリットは一つもないのです。

O脚になる原因とは?

先天的な下肢関節、大腿骨、脛骨の変形によるものや、外傷によって骨の湾曲や関節の変形が起こった場合に脚はO脚になります。しかし、日本人は基本的にO脚になりやすい民族であり、逆に欧米人はX脚になりやすい。(O脚とX脚を比べた場合、お尻が垂れるのは断然O脚です)

私たち日本人の脚は、生活習慣(座り方、歩き方など)によって徐々に股関節、ひざ関節、足関節などが本来の位置から変異し、O脚になっていきます。あなたは椅子に座るとき、常に脚を組んで座っていませんか? 横座り、体育座り、女の子座り、ぺしゃんこ座り(内股座り)はしていませんか? これらはO脚を生む要因の一つです。

また、大腿部や臀部、下腿の筋力バランスが崩れることでもO脚になるため、筋力の弱い女性はO脚になりやすい。前回紹介した「ワイドスタンス スクワット」や、トイレ後にスクワットを行なうなど、下半身の筋トレを習慣にするとよいでしょう。

O脚ケアのストレッチ ~股関節前面(腸腰筋)~

1. 立位の姿勢
2. ソファーやベンチなどの横に立ち、片ひざを乗せ、脚をまっすぐに伸ばす
3. 上半身をリラックスさせながら、股関節前面をソファーやベンチに押し付ける
4. 伸ばしている脚側のひざを曲げ、同じ脚側の手でつま先を掴む
5. 股関節前面がソファーやベンチから離れないよう注意しながら、かかとを片側臀部の中心に近づける

*1回7秒以上キープすること。1日何回行なってもOK
*ストレッチ中、腰に痛みが出た場合はただちに動作を中止すること
*呼吸はナチュラルに

O脚ケアのエクササイズ

1. 立位、または寝た姿勢
2. 背筋を伸ばし、両足をそろえ、つま先とつま先をタオルやゴムで結ぶ
3. ひざを伸ばし、肛門を締めると同時に「つま先とつま先」を真横に広げる(この時、かかと同士が離れないこと)

不妊の原因にも!? O脚を整えるストレッチ&エクササイズ

不妊の原因にも!? O脚を整えるストレッチ&エクササイズ

4. タオルやゴムを3秒間広げ、リラックスする(10回×3セット)
*つま先を広げる際、両膝が曲がらず、大腿部が外旋(位置を変えずに、外側に向かって回転している状態)していればOK
*運動中、ひざや腰に痛みが出た場合はただちに動作を中止すること
*呼吸はナチュラルに

 

不妊の原因は「女性4割、男性4割、不明2割」といわれています。O脚は姿勢だけでなく、全身の血液循環をも悪くするため、生殖器機能にとって非常に大きなマイナスです。

不妊治療中の方、これから不妊治療を始められる方は、ぜひ医師のアドバイスと合わせてO脚や猫背のケアにも取り組んでくださいね。

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー