1441名の医師が参画するスキンケア情報サイト

 | スキンケア大学をフォロー

  • Twitter
  • Facebook

ありのままが美しい「リアルビューティー」追求の「ダヴ」から朝洗顔のススメ

更新日:2017/08/22

ユニリーバ・ジャパン・カスタマーマーケティング株式会社
アシスタント ブランド マネージャー-ダヴ 西井さつきさん

リアルビューティー、それは「自己肯定感」

(スキンケア大学)「Dove(ダヴ)」は多くの人が知っていますが、改めて世界観を教えてください。

(西井)ダヴは、ありのままの女性の美しさ=「リアルビューティー」を体現するブランドです。リアルビューティーとは、すべての女性が自分の中にある肌のポテンシャルに気づき、それを引き出していくことで、「ありのままでわたしは美しい」という自己肯定感を健やかに育んでいただく考え方です。そのため、ダヴのプロモーションビジュアルに起用する女性たちは、プロの女優やモデルではなく、一般の方がマスト。画像修正ツールも用いず、普段通りのリアルな姿を映し出してきましたし、今後もコンセプトは変わりません。

また、そういった「ありのままの美しさ」を大切にしている観点は商品も同じです。隠すことや治すことを目的にせず、本来の自分が持っているのに隠されている良さを引き出すため、商品設計にはとてもこだわっています。それぞれの人が持つ悩みに寄り添い、解決しつつも、自分本来の良さや元気を引き出していくブランドなのです。

ダヴのうるおい泡洗顔料で、朝洗顔の習慣を

(スキンケア大学)自分の持つ良さを引き出すために、何から始めたらいいでしょうか?

(西井)とてもシンプルですが、まずは洗顔です。特に、きちんと朝洗顔することをダヴはお伝えしています。

今、朝洗顔をしない女性は約4割にのぼると言われております。寝ている間に分泌される皮脂は肌を守るものだから、朝洗顔によって洗い流してはもったいないという考えが広まっていますが、実は誤解してはいけない部分があります。たしかに皮脂は肌を守るために重要な存在ですが、寝ている間に肌細胞は新陳代謝するため、排出される古い角質や皮脂に汚れが付着し、酸化していきます。酸化した皮脂や古い角質、汚れを朝洗顔で取り除かなければ、肌荒れを起こしたり、メイクの持ちが悪くなることを経験した人は多いのではないでしょうか。

わずか一回の洗顔を怠るだけで、肌には悪影響となる汚れが蓄積されるので、朝洗顔でうるおいを守りながら洗い上げ、きちんと汚れを落とすことが大切です。

濃密美容液配合の洗顔料、だからダヴで洗ってほしい

(スキンケア大学)ダヴの洗顔料がうるおう理由を教えてください。

(西井)一般的に、洗顔すると肌のうるおいが奪われると思われています。実際に弊社の調査でも、洗顔後のスキンケアに比べると、“洗顔による肌へのうるおい”にはあまり期待がないことがわかりました。洗顔はあくまで汚れを取り除くことが目的であり、洗顔後の化粧水や乳液でうるおいケアをする、それが定説なのです。

しかし、ダヴは洗顔料自体にうるおい成分を配合しています。ダヴといえばうるおいの泡洗顔を連想していただくことが多く、特に「ダヴ ビューティモイスチャー クリーミー泡洗顔料」はご好評いただいています。ポンプを押すだけでキメ細やかな泡が出てきて、洗い流すときまでキメ細やかさは続き、洗い上がりもしっとりとうるおいを感じていただけます。

今年の9月20日には、ダヴ洗顔料シリーズをリニューアル発売いたします。全製品に、新「濃密美容液*」を配合し、うるおい成分をそれまでの2つから4つに増やしました。

*ヒドロキシエチルウレア、ナイアシンアミド、ステアリン酸、グリセリン水溶液: うるおい成分

悩みや季節によって使い分けも

(スキンケア大学)ダヴにはさまざまなラインがありますが、使い分けの方法はありますか?

(西井)ダヴの洗顔料・泡洗顔料は、乾燥、毛穴、くすみ、敏感肌、べたつきと、細やかな肌悩みに応じて自由に選んでいただくことができます。

たとえば、毛穴が気になる夏はミントグリーンのパッケージの毛穴ケアや、オレンジのパッケージのべたつき対策の商品を。また、受けた紫外線が肌の下で蓄積される秋にはピンクのパッケージのくすみケアの商品をぜひお試しください。定番のブルーのパッケージは乾燥対策に良いので、オールシーズン使っていただけます。

夏から秋にかけては、普段は好調な方のお肌も揺らいで、整いにくくなりがちです。こうした季節こそ、肌にうるおいを与える洗顔料で、しっかり洗ってきちんとうるおっていただければと思います。

ターゲットは、女性個人

(スキンケア大学)肌にやさしいスキンケア商品は親子で使えるものも多いですが、ダヴではあえて、一人ひとりの女性を想定しておられると聞きました。その理由も教えてください。

(西井)わたしたちの想定では、6歳くらいのお子さんをお持ちの女性を主にイメージした商品設計をしています。そうした環境にある女性の多くはお子さんや家族のケアを優先するからです。加えて仕事をお持ちなら、用事にも時間にも慌ただしく追われ、自分のケアをあきらめる状況に陥りがちではないでしょうか。でも、そんなときでも、「ありのままを引き出せば美しい」ということを忘れないでほしいのです。「自分をケアするブランド」としてダヴを選んでほしい。だからこそ、ファミリーで使うものとしてではなく、女性個人に向けて訴求しています。

(スキンケア大学)今の女性は時間がないため、洗顔などのケアも手際よく終わらせたい、と思う人も多いでしょうね。

(西井)そこで、ダヴでは、「ダヴ ふきとり水クレンジング」を昨年発売し、今年3月には「ダヴ ふきとり水クレンジング角質ケア」も新発売したところ、非常に好評をいただいています。コットンにひたしてするっと拭きとるタイプなので、時間がなくても手早くメイクも古い角質も取り除けるものです。

同じ一人の女性でも、その日によってお肌や心身の状態が違い、時間のある・なしも違ってくるので、クレンジングや洗顔のパターンも必然的に日々変わります。忙しい日は水クレンジングでさっと落としたいし、すこし時間が取れる日はミルククレンジングでしっかりケアしたいなど、お肌のタイミングは人それぞれです。どんなシーンにも選べるダヴであるよう、シリーズ設計をしています。

また、洗顔料やクレンジングだけでなく、シャンプー&コンディショナー、ボディソープ、ボディケアまで、女性の身体すべてをトータルサポートできることはダヴの大きな強みです。一つのブランドでここまで揃っているものは少ないのでは、と思います。ラインで使っていただくのが一番うれしいことではありますが、これまで述べてきたように、自分本来の美しさや健やかさを引き出すために、いまの季節はこれを使いたい、今日はこちらを選びたい、というように日々のチョイスに応える幅を広げていきたいと考えています。

キャンペーンや啓発活動で「リアルビューティー」をますます訴求

(スキンケア大学)最後になりますが、ダヴから女性たちへメッセージをお願いします。

(西井)最初にお伝えしたように、ダヴのコンセプトは「リアルビューティー」「自己肯定感」です。自分の美しさとは非常に気づきにくくもあるでしょうが、一人ひとりの女性が必ず持つものです。年齢を問わず、今のご自分の美しさに気づいてあげてください。

「リアルビューティー」に向かってできることとして、ダヴでは、さまざまな活動をしています。著名な写真家のマリオ・オスティーノ氏とコラボレーションし、世界11か国、11~71歳までの32人の女性を写すキャンペーンを展開したり、まだ若い女の子たちが「自己肯定感」を育むための支援プロジェクトも行っています。

わたし自身も、中高生の女の子たちにセミナー活動を担当した経験がありますが、彼女たちは自分の美についてさまざまな悩みを抱えていました。自我が芽生え始めるタイミングだからこそ、「ありのままのあなたで美しい」ことを知る啓発活動は、非常に意義深いものだと実感しています。

また、グローバルに展開するブランドゆえに見えてくることとして、日本の女性は世界の中でも自分に自信がない人が多いように感じます。わたしたちはそこにある種の使命を持ち、ダヴのうるおいで自信ある日本の女性を応援し増やしていくことをミッションにしています。もしかするとダヴは、化粧品ブランドとしては稀有な存在かもしれません。

■ブランド情報

Dove(ダヴ)

あなたらしさが、美しさ。
すべての女性が、自分の美しさに気づくきっかけをつくっていくこと。
それが、ダヴの使命です。
そのために、私たちは優れた製品、本物のケアを通じて、女性たち一人ひとりと向き合っていきます。
姿かたちも、心のあり様も、最良の状態でいられる時、人はあふれるような幸せを感じられるはず。
ダヴは、そんな本物の美しさを、すべての女性に手にしてほしいと願っています。
「だからダヴはこだわります。」
本物の美しさを、本物のケアから。

http://japan.mydove.jp/

 

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート