スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

話題の美白成分、ハイドロキノンって?

更新日:2014/01/05

夏は「美白第一!」と騒がれており、冬は乾燥対策ばかりが取り上げられます。けれども、冬でも紫外線の量は多くはガッツリ降り注ぎ、私たちのお肌の内部ではシミやシミ予備軍が絶え間なく生産されています。そのシミが浮かび上がるのは春夏。つまり、美白対策は冬にしてこそ効果を発揮するというわけ。そんな美白にとって心強い味方となってくれるのが“ハイドロキノン”と呼ばれている成分です。

紫外線を浴びたお肌の内部にはで、黒色のメラニンを作り出す働きを持つ酵素があります。それはチロシナーゼと呼ばれているものですが、ハイドロキノンはこの働きを抑制することでメラニンの生成を抑えます。これに似た働きをするものはも他にもはありますが、今のところハイドロキノンが最も効果があると言われています。強力! 現在使える最強の美白成分と言っても過言ではありません。

また、メラニン生成を抑制するハイドロキノンは、できてしまったシミにもアプローチしてくれます。その美白効果はここ数年「スゴイ!」と話題とになったアルブチンの約100倍。アルブチンにもすごいだってものすごい美白効果が期待できるといわれていたのにを誇るのに、それをはるかに超えるハイドロキノン…、やっぱり“ヤバイ”成分です。今後、注目の成分ですね。

ハイドロキノンは、アメリカではかなりおなじみの美白成分として知られており、医薬品の成分にも認められています。日本では2001年から化粧品成分として使用できるようになりました。しかしながら抜群にいいものですが、そんなハイドロキノンにも欠点があります。それは、熱、光、酸素に弱いということ。品質管理がしっかりしていないと、効果が失われてしまうのです。ハイドロキノンを配合した化粧品を作ることができるということは、品質管理が徹底されていて、高い技術力を誇る製薬会社や化粧品メーカーに限られるため、あまり出回っていないのが現状です。この“ハイドロキノン”機会があれば是非試してみたい成分ですね!けれど使えば必ず高い効果を感じられるため、この冬中にぜひ試してみてください。

注目情報

振り返りやまとめ読みに便利。クリップで記事を保存!

クリップ機能を使用するには、会員登録(無料)が必要になります。

会員サービスで利用できる便利な機能

無料登録してこの記事をクリップ

登録済みの方はログイン

あなたのページを今すぐチェック

マイページ

美ワード

公式アプリ

  • fem. fem.
    毎日1つ。ドクター監修の簡単
    ヘルスケア・ビューティー習慣!
    App Store Google Play

Facebook

いいね!して気になる情報をチェック!

公式ツイート

カテゴリー