眼科 とは

眼疾患の治療と診療をおこなっており、疾患部位としては眼瞼・結膜・角膜・ぶどう膜・水晶体・網膜・硝子体・視神経など、目の全ての部分に関わる部位を取り扱っています。疾患名としては飛蚊症・白内障・緑内障・角膜疾患・網膜疾患・ドライアイなどが挙げられます。

眼科 が対象とする主な疾患

眼疾患の治療と診療をおこないます。疾患部位としては、眼瞼・結膜・角膜・ぶどう膜・水晶体・網膜・硝子体・視神経など、目のすべての部分に関わる部位を取り扱っています。症状・病名の主なものとしては、近視・遠視・乱視・老視などの視力異常や、黒い遺物が見えてしまう硝子体の濁りが原因の「飛蚊症」、見えるもの全てが濁っているように見えてしまう水晶体の異常が原因の「白内障」、見えた物を脳に伝達するまでの器官の異常が原因の「緑内障」、コンタクトレンズによる傷つきや感染症が多い角膜疾患、パソコンやスマートフォンの長時間使用や、正しくないまばたきが原因で起こってしまう「ドライアイ」などが挙げられます。なかなか治らない場合や、眼球周辺に異常が見られる場合は、更に専門的な「眼形成眼窩外科」を受診することをお勧めします。

眼科 系医師一覧

診療科目から医師を探す