形成外科 とは

形成外科では、整形外科が「関節」や「筋肉」の疾患を治療していくのに対して、「体表」に生じた疾患を取り扱います。代表的な疾患としては、火傷や怪我による皮膚の外傷、陥入爪、ケロイドなどがあげられます。

形成外科 が対象とする主な疾患

形成外科では、体表に生じた疾患を取り扱います。美容外科は形成外科のうちのひとつですが、違いとしては、美容外科は疾患のない状態から治療をするのに対して、形成外科は怪我や病気で後天的に発生したもの、もしくは先天的に発生した体表の疾患、変化を治療していきます。また、整形外科との違いは、整形外科は関節や筋肉の異常を治療するのに対して、形成外科は体表、つまり皮膚の部分を治療していきます。さらに、形成外科では事故があった際の傷を目立たなくしたり、先天的な傷を目立たなくして、社会復帰や自立の支援をすることで「QOL(quality of life/クオリティ・オブ・ライフ)」の向上にも努めています。代表的な疾患としては、火傷や怪我による皮膚の外傷、陥入爪、ケロイドなどがあげられます。

形成外科 系医師一覧

診療科目から医師を探す