精神科 とは

精神科では「心」の病気を取り扱っています。心療内科がストレスや精神的なものからくる「身体」の病気を扱うのに対し、「心」そのものを治療していく必要がある場合を精神科が担当しています。主にうつ病や不眠症、パニック障害・適応障害などの精神疾患を診療します。

精神科 が対象とする主な疾患

精神科では「心」の病気を取り扱っています。心療内科がストレスや精神的なものからくる「身体」の病気を扱うのに対し、「心」そのものを治療していく必要がある場合を精神科が担当しています。主な症状・病名としては、異常な不安状態になってしまう、適応障害・社会不安障害(SAD)・パニック障害・強迫性障害(OCD)や、うつ状態に陥ってしまう、うつ病・双極性感情障害(躁うつ病)、精神的な影響により寝つきが悪くなってしまう神経症性不眠(不眠症)、幻覚や妄想の症状がでてしまう統合失調症などがあげられます。
精神的なものだけではなく身体的な影響まで与えてしまい、日常生活さえ困難になってしまう場合は、心療内科で診断することをお勧めします。身体の異常も感じるし、精神にも異常を感じるが、何科に行けば良いか分からないという場合は、とりあえず「精神科」を受診し、専門家に相談をしましょう。

精神科 系医師一覧

診療科目から医師を探す