神経内科 とは

神経内科が扱うのは、脳や脊髄、神経、筋肉に生じる疾患を扱う診療科です。神経とは、中枢神経(脳、脊髄)、末梢神経、自律神経のことであり、これに付随して筋肉の病気までが神経内科の守備範囲です。

神経内科 が対象とする主な疾患

神経内科が扱うのは、脳や脊髄、神経、筋肉に生じる疾患を扱う診療科です。神経とは、中枢神経(脳、脊髄)、末梢神経、自律神経のことであり、これに付随して筋肉の病気までが神経内科の守備範囲です。神経内科で扱う病気が疑われる主な症状は、頭痛、めまい、手足のしびれ・痛み、感覚が鈍い、手足に力がはいらない、もの忘れ、意識がなくなる、手足の振え、手足がひきつる、歩行時にふらつく、足が前にでにくい、ものがだぶって見える、見える範囲が狭い、言葉がもつれる、たべものを飲込みにくいなどいった症状です。

■神経内科と他の科との違い
神経内科とは、よく心療内科、精神神経科などと間違われることがあります。心療内科も精神神経科もどちらも精神科の仲間であり、うつ病などの精神的な問題を扱います。神経内科は、精神の問題ではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に病気を取り扱います。神経内科で扱う主な病気は脳梗塞や脳炎・髄膜炎、アルツハイマー病、パーキンソン病、多発性硬化症、脊髄炎、てんかん、ナルコレプシーや膠原病・糖尿病・悪性腫瘍などの一般内科疾患に伴う神経合併症など、非常に多岐にわたります。

神経内科 系医師一覧

診療科目から医師を探す