脳神経外科 とは

脳神経外科では、主に脳、脊髄、末梢神経の疾患の中でも、外科的治療が必要な疾患を扱っています。血管障害から腫瘍、外傷にいたるまで多岐に渡り、高度先進医療を取り入れながら患者の病態に合わせた処置が行われます。

脳神経外科 が対象とする主な疾患

脳神経外科で治療の対象となる疾患には、主に脳血管障害(脳動脈瘤、脳出血、脳梗塞、頚部頚動脈狭窄、脳動静脈奇形、一過性脳虚血発作など)、腫瘍(髄膜腫、下垂体腺腫、頭蓋咽頭腫など)、外傷(頭蓋骨骨折、脳挫傷、外傷性くも膜下出血など)、脊髄(椎間板ヘルニア、脊髄梗塞、腰椎分離症など)がありますが、このように対象となる疾患が多岐に渡るため、病院によっても脳腫瘍専門、血管障害専門など得意領域がある場合もあります。
また、脳疾患の早期発見・予防を目的に、MRIなどを用いた脳ドック、脊髄ドックを行っている病院もあります。頭を強く打ったり、日頃からろれつが回らない、手足がしびれる、めまいや吐き気、耳鳴りが起こるなどの症状で不安に思う方は、手術の症例数や専門領域などを事前に調べ、早めに病院へ相談するようにしましょう。

脳神経外科 系医師一覧

診療科目から医師を探す