心臓血管外科 とは

心臓血管外科は心臓や大動脈および末梢血管の病気に対して手術治療を行う診療科で、冠動脈バイパス術や弁膜症などの心臓手術と大動脈や末梢血管の手術を行います。

心臓血管外科 が対象とする主な疾患

心臓血管外科は心臓や大動脈および末梢血管の病気に対して手術治療を行う診療科で、冠動脈バイパス術や弁膜症などの心臓手術と大動脈や末梢血管の手術を行います。主に取り扱う病気には、狭心症、心筋梗塞、弁膜症、先天性心疾患、大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症、下肢静脈瘤などがあります。これら、心臓血管外科が扱う疾患は自覚症状がないまま進行するケースが多く、症状があらわれた時には、すでに重症となっているというケースが多いようです。安静時に胸が締め付けらるような痛みや運動時の胸痛、階段昇降時の息切れや夜、横になると息苦しくなるなど、胸に違和感を覚えたら、上記で上げた疾患にかかっている可能性があります。気になることがある場合は早めに医師に相談しましょう。

心臓血管外科 系医師一覧

診療科目から医師を探す