小児外科 とは

いわゆる、子どもの外科疾患を扱う小児外科で対応する範囲は幅広く、呼吸器、消化器、泌尿生殖器など多岐に渡ります。子どもの体が小さく繊細なだけでなく、発育途中で機能としても未熟なため、子どもに関する専門的な知識とテクニックを持った小児外科医があたります。

小児外科 が対象とする主な疾患

小児外科の対象年齢は0歳から15歳までの発育段階の子ども達です。体格だけでなく生理学的にも大きく異なるため、大人と同じ薬や治療法は通用しません。そして、これから臓器や筋肉がどのように成長していくのか、それをきちんと理解した上で成長・発達の妨げにならない手術を行うためにも、知識・技術の両面で専門性の高い医師が治療にあたります。
治療の対応範囲は呼吸器、消化器やそのほかの臓器、皮膚軟部組織など幅広くなり、それ以外の箇所は心管外科、整形外科、脳神経外科、泌尿生殖器外科がそれぞれ対応にあたりますが、病院によっては独立せずに行っている場合もあります。

小児外科 系医師一覧

診療科目から医師を探す