小児科 とは

小児科は、新生児から思春期(15歳ぐらい)までを対象とした、内科の一部になります。普通の内科との違いは、年齢区分による分類のみになります。「免疫」や「かかりやすい疾患」、「投与する薬の量」などが、成人とは変わってくるため、対象者が子供の場合は、病名が分かっていても、内科ではなく小児科の受診をおすすめします。

小児科 が対象とする主な疾患

小児科は、新生児から思春期(15歳ぐらい)までを対象とした、内科の一部になります。普通の内科との違いは、年齢区分による分類のみになります。そのため、必然的に全ての臓器の疾患、感染症などを取り扱っています。子供の場合、成人と同じ症状が出ているからといって、同じ疾患にかかっているとは限らず、思い込みで間違った治療をしてしまうと、大きな疾患に繋がりかねません。「免疫」や「かかりやすい疾患」、「投与する薬の量」などが、成人とは変わってくるため、対象者が子供の場合は、病名が分かっていても、内科ではなく小児科の受診をおすすめします。また、子供は自分の症状をうまく伝えられない場合があります。少しでも変化を感じたら、すぐに小児科へご相談下さい。

小児科 系医師一覧

診療科目から医師を探す