産婦人科 とは

産婦人科は、子宮や卵巣、膣、外陰部など主に女性の生殖器の病気を扱います。具体的には、妊娠に関連することをはじめ「子宮筋腫」「性感染症」「不妊」「生理不順」などを担当。また、「更年障害」などメンタルな部分も扱っています。

産婦人科 が対象とする主な疾患

産婦人科は、主に女性の生殖器の病気を担当します。関連する臓器は子宮、卵巣、卵管、膣、外陰部など。ほかにも「更年期障害」や「月経前症候群」などメンタルな部分もケアしています。また、産科と婦人科の二つに分かれ、産科は妊娠、出産、産後関連を扱い、婦人科は「子宮筋腫」や「子宮頸がん」などの女性生殖器の腫瘍性疾患をはじめ「性感染症」「更年期障害」「不妊」「生理不順」など内分泌疾患などを対応。手術を担当することもあり、帝王切開術、流産の手術、産後膣などの傷の手術、子宮筋腫や卵巣腫瘍などの病気の手術、卵巣・子宮がんの手術、不妊症に対する手術、避妊のための手術、子宮脱の手術などの手術を行います。乳がんなど乳房関連も担当分野であると思われがちですが、乳がんの疑いがあるときは外科、乳腺科、乳腺外科が担当で、ズキズキする胸の痛みや違和感があるときは「不整脈」「心筋症」などの疑いがあるので、循環器内科、循環器外科などに受診することをお勧めします。

産婦人科 系医師一覧

診療科目から医師を探す