血液内科 とは

血液内科では、血液の病気全般の診療を行います。血管の中を流れる血液細胞の異常、その血液細胞を作っている骨髄の異常、リンパ節の異常、出血を止める働き(止血)の異常を扱います。

血液内科 が対象とする主な疾患

血液内科の主な対象疾患は、鉄欠乏性貧血、悪性貧血、溶血性貧血などの貧血、再生不良性貧血、急性あるいは慢性白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、血小板減少症、血友病などがあります。健康診断で指摘された白血球・赤血球・血小板数の異常値や異常細胞の出現、リンパ節の腫脹、血液凝固の異常などから血液疾患が疑われる方や、かかりつけの医療機関で血液疾患(鉄欠乏性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などの良性疾患や、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの造血器腫瘍)と診断された方を対象とします。
血液内科で扱う疾患の多くは、いわゆる難病や造血器腫瘍であり、その診断や治療には専門的な知識と経験が必要とされます。また、血液疾患の治療にあたっては、全身のさまざまな臓器に合併症を認めることが多々あります。