小児歯科 とは

小児歯科では、無歯期から第3大臼歯萌出期(親知らず)が生えるまで(一般的には0歳から18歳まで)の方を対象とした歯科疾患の治療や、その予防となる口腔管理を行っています。

小児歯科 が対象とする主な疾患

多くの歯科医院で子どもの診察は対象になっていますが、その多くは小児歯科の専門医でないのが実情です。現在では、小児歯科に関する専門知識と臨床経験を有するなど、一定の条件を満たした医師のみが取得できる資格制度が設けられています。小児歯科専門医でも基本的な治療方法は通常の歯科医院と変わりませんが、子どもの発育に関する専門的な知識や高度な治療技術をもとに、子どもの成長に合わせた適切な治療方針を決定してくれます。
また、むやみに歯を削る、抜くなどをせず、フッ素塗布や親への歯磨き指導、定期健診を行い、予防に力を入れている医院が多くなっています。子どもの歯は、歯の表面を覆うエナメル質や象牙質が永久歯の半分程度の厚さしかないため、気付いた時には神経の近くまで虫歯が進行したということもあります。特に、自分で歯磨きができないうちは、2~3か月に一度の定期検診を行うことで虫歯の予防につながるのでお勧めです。

小児歯科 系医師一覧

診療科目から医師を探す