歯科口腔外科 とは

歯科口腔外科は歯・歯肉・舌・口唇・口腔粘膜・顎骨・顎関節などの口腔領域の病気や外傷を治療する科です。一般の歯科治療のみでなく、歯および顎に関連した疾患の治療、手術を担当します。

歯科口腔外科 が対象とする主な疾患

歯科口腔外科とは、口腔領域に発生する腫瘍、炎症、外傷、奇形、嚢胞、埋伏歯などの疾患に対して外科的治療を行う診療科です。
具体的には口腔顎顔面外傷(上下顎骨折)、顎口腔領域の腫瘍・嚢胞および感染症、顎関節疾患、難しい抜歯(埋伏智歯など)、歯科インプラント(人工歯根)、唇顎口蓋裂(先天異常)、顎変形症(骨格性の不正交合)などの治療を専門的に行っています。
もともと歯科(一般的な歯科医院)は主に虫歯や歯周病などを担当しており、口腔外科は主に虫歯や歯周病以外のお口の周囲の疾患や顎、顔面などを担当しています。この2つを兼ね備えた診療科が歯科口腔外科です。
歯科口腔外科は、街の歯科より少し大きい程度のところもあれば、総合病院や大学病院の入っている入院設備もあるような大きなところもあります。総合病院や大学病院などの大きい歯科口腔外科の場合には、歯科からの紹介状がなければ受診できないところもあります。

歯科口腔外科 系医師一覧

診療科目から医師を探す