消化器科 とは

消化器科は、一般的にのどから肛門までの食べ物が通過する臓器、例えば、胃や腸などに現れる病気や疾患を扱います。消化器内科として開業している多くの病院では、患者の症状を様々な診療科の観点から総合的に診てくれるかかりつけ医としての役割を担っています。

消化器科 が対象とする主な疾患

消化器科は、一般的にのどから肛門までの食べ物が通過する臓器、例えば、食道、胃、小腸、大腸などに現れる病気や疾患を扱います。上記に関わる病気・疾患のうち、救急で生死に関わる重篤な疾患やがんなどの外科的治療が必要なものは消化器外科で取り扱います。また、消化器内科として開業されている多くの病院では消化器の疾患のみならず、患者さんの症状を様々な診療科の観点から総合的に診てくれる、かかりつけ医としての役割を担っています。
消化器科で取り扱う主な疾患は大腸がんや食道がん、胃がん、虫垂炎、肝硬変、逆流性食道炎、胃潰瘍や十二指腸潰瘍などがあります。検査方法は内視鏡検査、超音波検査、CT検査やMRI検査などがあります。体がだるい、熱が出るといった症状や、お腹が痛いときや、胸がムカムカする、食欲不振、胃もたれや血便、長く続く便秘などがある場合は、こちらの科で受診します。

消化器科 系医師一覧

診療科目から医師を探す