乳腺外科 とは

乳腺外科では、乳房に関する症状に対して診断、治療を行います。症状としては、しこりや痛み、腫れなどが挙げられます。中でも乳がんの診断、治療を担当します。内分泌外科では頸部にある甲状腺、副甲状腺の外科的治療を行います。

乳腺外科 が対象とする主な疾患

乳腺外科では、乳房に関する症状に対して診断、治療を行います。症状としては、しこりや痛み、腫れなどが挙げられます。中でも乳がんの診断、治療を担当します。乳がん治療では手術療法、放射線療法、薬物療法が集学的に行われています。乳がん以外にも乳腺炎や乳腺症といった乳腺疾患全般の治療も行います。内分泌外科では頸部にある甲状腺、副甲状腺の外科的治療を行います。甲状腺の病状としてはバセドウ病、甲状腺腫瘍、甲状腺炎などがあります。内分泌疾患は過剰なホルモン分泌によってさまざまな臨床症状が出現しますが、治療による改善は十分に可能です。動機がして手が震えたり、疲れやすい、足がしびれる、食欲があるのに体重が減るという症状があった場合は内分泌外科を受診するのをおすすめします。

乳腺外科 系医師一覧

診療科目から医師を探す