腎臓内科 とは

腎臓内科は腎臓に関する病気を診療し、血尿、タンパク尿が続く方や、腎機能低下を治療する内科です。慢性腎炎・ネフローゼ症候群、糖尿病性腎症、慢性腎不全が診療内容です。むくみができたり、腎臓機関が悪いといわれた際には腎臓内科を受診しましょう。

腎臓内科 が対象とする主な疾患

腎臓内科は腎臓に関わる病気を診断、治療する診療科です。血尿、タンパク尿が続く方の治療、慢性腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全等の治療を行います。腎臓の疾患では糖尿病、膠原病といった腎疾患患者の増加がみられており、慢性腎不全患者の診療総数は10年前と比べると60%増となっています。腎臓には身体からの不要物質の排泄、体内水分の調節、酸性アルカリ性の調節、ホルモンの産生といった役割があります。腎臓に不調があらわれるとこれらの役割の働きが悪くなりますが、腎臓の病気は進行がすすむまで、自覚症状は出にくいとされています。身体にむくみができたり、腎臓機能が悪いといわれたとき、血圧が高く、薬を飲んでも下がりにくいときには腎臓内科の受診をおすすめします。

腎臓内科 系医師一覧

診療科目から医師を探す