予防医学 とは

「病気になったら治す」という従来からの医学に対して、病気にならないように予防するのが狭義の「予防医学」です。しかし、広義の予防医学では、病気の早期発見や再発防止など、病気になった後に「なるべく早く、ダメージが大きくなる前に治すこと」や、病気の回復後のケアなども予防医学の対象に含まれます。

予防医学 が対象とする主な疾患

予防医学は「第一次予防」「第二次予防」「第三次予防」の3つに分類されます。第一次予防は、病気や怪我をしないようにすることで、生活習慣の改善による健康増進や、予防接種などによる疾病の発生予防などがこれにあたります。第二次予防は、発生した疾病や障害を早期発見・治療して重症化させないことで、人間ドックや各種検診などが含まれます。第三次予防は、病気の治療後に社会復帰を円滑化することで、リハビリテーションや再発防止のための治療が含まれます。このように、予防医学が対象は幅広く、全ての疾患や障害が対象となります。近年は、ガンや心疾患、脳血管疾患などの生活習慣病が死亡原因の上位を占めるようになり、「第一次予防」が重要視されるようになりました。

予防医学 系医師一覧

診療科目から医師を探す