内分泌・代謝内科 とは

内分泌・代謝内科は、主に代謝疾患と内分泌疾患を扱います。具体的には、「糖尿病」「脂質異常症」「肥満症」「パセドウ病」「下垂体機能低下症」「副腎疾患」などが担当。手術を行うこともありますが、基本的には食事療法、運動療法、薬物療法が中心です。

内分泌・代謝内科 が対象とする主な疾患

内分泌・代謝内科は、主に二つの対象疾患があります。一つは代謝疾患で、慢性的に血糖値が高い状態が続く「糖尿病」や、慢性的に正常値よりも高い状態である「高血圧」、心筋梗塞や狭心症などの合併症を引き起こす可能性がある「脂質異常症」、脂肪細胞が過剰に蓄積した状態を指す「肥満症」など。とくに「糖尿病」「脂質異常症」「肥満症」はさまざまな科の疾患に合併します。もう一つは内分泌疾患で、甲状腺腫大や眼球が突出する「パセドウ病」などの甲状腺疾患、頭蓋咽頭腫や胚芽腫などが原因で生じる「下垂体機能低下症」などの下垂体疾患、副腎から過剰にホルモンが分泌されることにより病気を招く副腎疾患などがあります。重症だと患部の異常が見つけやすいため診断が難しくないところ、軽症であると『心理・社会的要因が大きく関わった身体の病気』だといわれている「心身症」と誤診されることもあります。内分泌・代謝内科は、基本的に食事療法、運動療法、薬物療法が中心です。

内分泌・代謝内科 系医師一覧

診療科目から医師を探す