伊藤秀寿 先生

勾当台デンタルクリニック 院長

伊藤秀寿

診療可能な科目

所属・経営している病院・企業など

勾当台デンタルクリニック
住所: 〒980-0014 宮城県 仙台市青葉区本町 2丁目16-15 中村ビル2F
電話番号: 022-352-8881
URL: http://www.koutoudai-dc.com/index.html

資格

平成14年3月 口腔外科系 歯学博士
平成19年7月 ICOI(国際インプラント学会):Fellow(認定医)
平成19年12月 ICOI(国際インプラント学会):Diplomate(専門医・指導医)
平成20年7月 日本歯科人間ドック学会認定医(第150号)
平成21年12月 日本顎顔面インプラント学会指導医(指導医認定No.92)

所属学会・団体

日本口腔外科学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本顎変形症学会
日本顎顔面インプラント学会
日本口腔インプラント学会
国際インプラント学会
日本歯科人間ドック学会
日本統合医療学会

経歴

平成10年3月 (1998)昭和大学 歯学部 卒業
平成10年4月 (1998)昭和大学 歯学部 大学院 入学
平成14年3月 (2002)昭和大学 歯学部 大学院 修了
平成14年4月 (2002)昭和大学 第二口腔外科学教室 助手
平成15年6月 (2003)米国トーマスジェファーソン大学 留学 posrtdoctoral fellow
         (再生医療硬組織分野NASAプロジェクトチーム)
平成17年7月 (2005)昭和大学 歯学部 顎顔面疾患制御外科学教室 助手
平成18年1月 (2006)昭和大学附属烏山病院 歯科部長
平成19年4月 (2007)昭和大学 歯学部 顎顔面疾患制御外科学教室 助手
平成19年12月(2007)昭和大学 歯学部 顎顔面疾患制御外科学教室 退職
平成20年1月 (2008)昭和大学 歯学部 顎顔面疾患制御外科学教室 兼任講師
平成20年5月 (2008)医療法人 社団 高緩会 勾当台デンタルクリニック 開業

研究略歴
1997~2001:(昭和大学大学院、歯学研究科)
(1)口腔癌における原発巣と末梢血中扁平上皮癌細胞の転移関連遺伝子解析
(2)頭頸部扁平上皮癌における末梢血中微小癌細胞の転移関連遺伝子解析
(3)末梢血による頭頸部扁平上皮癌移転の予測法の開発
(4)抗癌剤による口腔癌細胞のアポトーシス誘導機構の解析

2001~2003:(昭和大学歯学部顎顔面疾患制御外科学、助手)
(1)COX-2選択的阻害剤によるETS転写因子を介したMMP発現調節
(2)COX-2選択的阻害剤による口腔癌細胞浸潤抑制機構の解析

2003~2005:(Thomas Jefferson University,Postdoctoral Fellow)
(1)線維性コラーゲンの一塩基置換に生じるEMC崩壊メカニズムの解析
(2)一塩基置換させた人口コラーゲンの開発
(3)徴小重力環境における軟骨細胞および軟骨基質の解析

2005~2007:(昭和大学附属烏山病院、助教)
(1)有益な生物学的特性を付与したrecombinat human collagen scaffoldによる軟骨再生医療
  への応用
(2)遺伝子工学技術により生物学的特性を付与した人工コラーゲンの開発
(3)口腔癌細胞の基低膜浸潤における発現分子および浸潤機構の解析

研究業績・論文
Hintze V, Steplewski A,Ito H, Jensen DA, Rodeck U. Fertala A.
Cells expressing partially unfolded R7S9C/p.R9S9C type II procollagcn mutant associated with spondyloepiphyseal dysplasia undergo apoptosis.
Hwnan mutation 2008 Jun;29(6); 841-851
Ito H, Pucker E, Alabyeva T, Fertala A.
Testing the utility ofrationally engineered recombinant collagen-like protenis for applications in tissue engineering.
J Biomed Mater Res A. 2006 Mar1; 76 (3);551-60
Ito H, Pucker E, Steplewshi A, McAdams E, Brittingham RJ, Alabyeya T, Fertala A.
Guilty by aviation: some collagen Ⅱ mutants alterthe formation of ECM as a result of atypicalinteraction with flbronectin.
J Mol Biol. 2005 Sep 16;352(2)i382-95.
Steplewski A.Ito H, Pucker E, Brittingham RJ, Alabyeva T, Gandhi M, Ko FK. Birk DE,Jimenez SA, Fertala A.
Position of single anuno acid substitutions in the collagen triple helix determines their effect on structure of collagen fibrils.
J Struct Biol. 2004 Dec;148(3):326-37,
Brittingham R,Colombo M,Ito H,Steplewski A,Birk DE,Uitto J,Fertala A.
Single amino acid substitutions in procollagen VⅡ affect early stages of assembly of anchoring fibrils.
J Biol Chem. 2005 Jan 7;280(1);191-8. Epub 2004 Oct 27.
Steplewski A, Majsterek I, McAdams E, Rucker E, Brittingham RJ, Ito H,Hirai K,
Adachi E, Jiniettez SA, Fertala A.
Thermostability gradientin the collagen triple helix reveals its multi-domain structure.
J Mol Biol. 2004 May l4;338(5):989-98.
Kinugasa Y, Hatori M,Ito H, Kurihara Y.Ito D, Nagumo M.
Inhibition ofcycloownase-2 supple,invasive of oral squamous cell carcmoma cell lines via down-regulation of matrix metalloproteinase-2 and CD44.
Clin Exp Metastasis, 2004;2l(S)i737-45,
Ito H,Hatori M,Kinugasa Y,Irie T.Tachikawa T,Nagumo M.
Comparison of the expression profile of metastasis-associated genes between primary and circulating cancer cells in oral squamous cell carcinoma.
Anticancer Res. 2003 Mar-Apr;23(2B):l425-31
Ito H. Hatori M, Kmugafia Y, Nagumo M.
Detection and analysis ofmicrometastatic oral squamous cell carcinoma cells in peripheral Blood.
Oral Oncology Vol.7 563-566.2001
Ohtani T, Hatori M,ItoH, Takizawa K, Kamijo R, Nsigumo M.
Involvement ofcaspases in 5-FU induced apoptosis in an oral cancer cell line.
Articancer Res, 2000 Sep-Oct;20(5A):3117-21.
齋藤雅子、羽烏仁志,衣笠有里子、栗原祐史。伊藤秀寿、南雲正男
選択的COX-2阻害はMMP-9の発現低下を介してロ腔扁平上皮癌細胞の浸潤能を抑制する.
昭和歯学会雑誌 第26巻 第1号 20O6.3
開花性セメント質骨異形成症の一例
羽烏仁志,伊藤意作,伊藤秀寿,滝択邦生,角田左武郎,南雲正男
昭和大学歯学部第二口腔外科学教室
日本口腔科学会雑誌,49(3):192,20O0

Carcinoma in adenoma が強く疑われた口蓋部唾液腺腫瘍の1例
橋本有央,伊東大典,伊藤秀寿,豊島貴彦,大橋勝,羽烏仁志,新谷悟,山本剛,
入江太朗,立川哲彦
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室,昭和大学歯学部口腔病理学教窒
昭和歯学会雑誌,27(4):316-317, 2007.

口腔扁平上皮癌の浸潤能に対するCOX-2選択的阻害剤の効果
Effect of selective COX-2 inhibitor on the invasive activity of OSCC cell lines
衣笠有里子 羽烏仁志 伊藤秀寿 南雲正男
昭和大学歯学部第二ロ腔外科学教室
日本口腔腫瘍学会誌 巻:I6 号:3 頁:132

口腔扁平上皮癌細胞の浸潤能に対するCOX-2選択的阻害剤の効果
衣笠有里子 羽烏仁志 伊藤秀寿 南雲正男
昭和大学歯学部第二ロ腔外科学教室
昭和歯学会雑誌,23(4):305,2003,

ロ腔粘膜前癌病変の経過観察中に癌化した11例の検討
羽烏仁志 伊藤秀寿 衣笠有里子 栗原祐史 高山清
昭和大学歯学部第二ロ腔外科学教室
頭頚部癌: 巻:33号:2頁:136

Carcinoma in adenomo が強く疑われた口蓋部唾液腺腫瘍の1例
橋本有央,伊東大典,伊藤秀寿,豊島貴彦,大橋勝,羽烏仁志,新谷悟,山本剛,
入江太朗,立川哲彦
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室,昭和大学歯学部口腔病理学教窒
昭和歯学会雑誌,27(4):316-317,2007.

頬部脂肪体有茎弁移植による口蓋腫瘍切除後の再建:症例報告と文献的考察
伊東大典,橋本有央,伊藤秀寿,代田達夫,羽烏仁志,新谷悟
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室
Dental medicine Research,28(1):26・29,2O08

選択的COX-2阻害はMMP-9の発現低下を介して口腔扁平上皮癌細胞の浸溜能を抑制する
齋藤雅子,羽鳥仁志,衣笠有里子,栗原祐史,伊藤秀寿,南雲正男
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室
昭和歯学会雑誌,26(1): 51-59,2006,

口腔扁平上皮癌患者における原発巣腫瘍細胞と末梢血中微小転移癌細胞の転移関連遺伝子解析
伊藤秀寿,羽鳥仁志,入江太朗、,立川哲彦,南雲正男
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室,昭和大学歯学部口腔病理学教窒
日本口腔科学会雑誌,51(6):419,2002・

舌側歯科矯正治療による外科的矯正治療の経験
代田達夫1,川村卓也2,伊藤秀寿1,羽烏仁志1,新谷悟1
1昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室,2川村歯科矯正クリニック
日本顎変形症学会雑誌,17(2):151, 2007,

口腔扁平上皮癌細胞由来IL-8による血管内皮細胞の増殖およぴ遊走能への影響
渡辺仁資,岩瀬正泰,大橋勝,伊藤秀寿,豊島貴彦,滝沢邦夫,南雲正男
昭和大学歯学部第2ロ腔外科学教室
日本口腔科学会雑誌,49(6):4I3,2000.

抗癌剤による口腔癌細胞のアポトーシス誘導機構におけるFLICE(caspase-8)の関与
羽烏仁志,大谷直,滝沢邦生,伊藤秀寿,上條竜太郎・南雲正男
昭和大学歯学部第2ロ腔外科学教室
日本口腔科学会雑誌,48(6):572,1999.

2-EM-6-5COX-2選択的阻害による口腔癌細胞浸潤抑制機構の解析
栗原祐史,羽烏仁志,衣笠有里子,伊藤秀寿,南雲正男
昭和大学歯学部顎口腔疾患制御外科学教室
日本口腔科学会雑誌,54(4):515,2005.

口腔扁平上皮癌患者における原発巣腫瘍癌細胞と末梢血中徴小転移癌細胞の転移関連遺伝子解析
伊藤秀寿,羽烏仁志,人江太郎,,立川哲彦",南雲正男
昭和大学歯学部第二ロ腔外科学教室,昭和大学歯学部口腔病理学教窒
日本口腔科学会雑誌,51(6):419,2002.