スキンケア大学 ヘルスケア大学 メンズスキンケア大学

関根信夫 先生

JCHO東京新宿メディカルセンター 院長

関根信夫

診療可能な科目

所属・経営している病院・企業など

独立行政法人 地域医療機能推進機構 東京新宿メディカルセンター
住所: 〒162-8543 東京都 新宿区津久戸町5-1
電話番号: 03-3269-8111
URL: http://www.tkn-hosp.gr.jp/

資格

医学博士(東京大学医学部)

関根信夫 先生 から一言

当院は昭和27年(1952年)の開設以来、東京厚生年金病院として長らく、地域の方々をはじめ広く国民の皆様方の病気の治療と健康維持に力を尽くしてまいりました。平成26年4月からは独立行政法人地域医療機能推進機構(JCHO)の病院として、より一層地域医療に貢献すべく基幹病院としての責務を果たすことが求められています。


私たちは当院の理念として「患者さまの立場に立った親切で心温まる医療」を掲げています。その誓いは常に変わることなく、これからも職員一同、心して診療にあたっていきたいと思います。しかしながら、病気の治療・克服には様々な困難がつきまとい、時には厳しい闘いを強いられます。また、未曾有の超高齢社会を迎え、少子化や医療費の問題など昨今の我が国の医療をとりまく状況は年々厳しくなっています。皆様方のご理解とご協力をいただきながら、私たちは常に時代のニーズに十分応えられるよう、確固たる信念と柔軟な姿勢をもって対応していきたいと考えています。

当院の診療部門には、各専門分野に熟達した専門医のもと日々研鑽を積む、次代を担う若手医師・研修医、そして医師の診療を支える多数の医療スタッフ(コメディカル)が、職業人としての意識を高く持って業務に従事しています。救急を含めた急性期医療から生活習慣病など種々の慢性疾患やがんの加療、リハビリテーション、そして緩和ケアまで、当院は様々な局面で皆様方の療養に関わり、安心して医療が受けられるよう力を尽くしてゆく所存です。そして、地域医療をしっかりと支えてくださっている多くの医療機関の先生方、医療スタッフの方々との絆を大切にしながら、広く社会に貢献できるよう精進を重ねていきたいと思います。

当院は都心の、きわめて交通の便の良い飯田橋駅のすぐ近くに立地していますが、ふと近隣に目を向けていただくと、旧くて新しい街、国内外の人々が数多く足を向けるホットスポット神楽坂があり、活気と安らぎが混在する、人間味あふれる土地柄が感じられます。私たちも、皆様に愛される病院となれるよう、そして何よりも皆様の病気や健康についてのご心配が少しでも和らぐよう、切に願っております。

所属学会・団体

日本内科学会認定医・総合内科専門医・研修指導医
日本糖尿病学会専門医・研修指導医・学術評議員
日本内分泌学会専門医・指導医・評議員
日本プライマリ・ケア連合学会認定医・指導医

経歴

1983年 東京大学医学部卒業
1985年 東京大学医学部附属病院分院内科(第4内科)医員
1986年 公立学校共済組合関東中央病院代謝科医員 
1988年 東京大学第4内科助手
1992年 スイス・ジュネーブ大学臨床生化学教室にて基礎研究に従事
2003年 東京大学医学部附属病院総合研修センター、糖尿病・代謝内科講師
2007年 東京厚生年金病院内科(糖尿病・代謝・内分泌担当)部長
2009年 同 内科主任部長
2012年 同 院長補佐
2014年 JCHO東京新宿メディカルセンター副院長
2016年 同 院長