婀起侖沙包

アンチエイジングプランナー/コンサルタント

婀起侖沙包

資格

アンチエイジングプランナー 心理カウンセラー 健康運動指導士 クラニオセイクラルセラピーCT-1  Passion Test Facilitator 米国Passion Test Kids and Teens Facilitator

得意な施術

アンチエイジング メンタルコーチング 呼吸 ダイエット 

婀起侖沙包 さんから一言

研究によると、人の一日の決断回数は大小含めて平均70回だそうです。食事も時間も心のもち方も・・・ベストな人生を過ごすためにベストチョイスをしていきたいですね。この選択の積み重ねが皆様のより良い未来に繋がるよう、サポートさせていただきます。

所属学会・団体

一般社団法人アンチエイジング学会

経歴

元ダンサー。Martha Graham School of Contemporary Dance NewYork 校出身。
2003年、国際舞台に招致された直後に舞台中の事故で大怪我を負う。ダンスはおろか歩くことも厳しいと診断される。長期リハビリ中はポジティブ思考で様々なことを乗り越えるが、鬱も経験。あらゆる分野の本を読み、「人々の幸福度を上げる仕事」をしようと決意。怪我から2年後に、前例のなかった奇跡の舞台復帰を果たす。身体の神秘を伝えるべくボディトレーナーの道へ。プログラム開発・監修等多数手掛ける。300以上の施設、企業にて研修。15〜80歳の夢を叶えてきた経験を持つ。

現在は《心・真価・創造》を中心にホリスティックなアプローチをするコンサルティングを実施。『人々が自分の真の価値を表現できる社会』を目指す。


●CID-ユネスコ国際ダンス会議-祭典 2014 運営・部門統括・登壇
(アジア初開催、日本政府観光局:国際会議誘致賞受賞)
(日米の世界的教育者・東京有明医療大学の協力を得て”Enrightenment and Dance”発表・登壇)
●厚生労働省共同研究員:東北大震災被災地にて大規模PTSD対策に従事。こどもを主に対象とした”呼吸で心を癒す”研究に参画。呼吸の世界的権威である本間生夫氏(東京有明医療大学副学長/昭和大学名誉教授)チームと共に活動
●テクノジムジャパン(株)マスタートレーナー
(KINESIS BALLETプログラム開発/スーパーバイザー、Una Primavera Creativeプログラム開発他)
●(株)FiNC オンラインワークス プランニングアドバイザー
(メンタル監修:オンラインダイエット家庭教師= IVS2014 Spring Launch Pad入賞、Samurai Venture Summit優勝)
●一般社団法人アンチエイジング学会アドバイザー
●(株)RAKUDO/MEVIUS 顧問
(アーティスト集団MEVIUS=Barcelona Dance International Competition 2015 ジャズダンス部門1位、コンテンポラリーダンス部門1位、最優秀振付家賞 受賞 )

書籍

メディア掲載

  • 長野オリンピック 公式ポスター フォレスト出版『21世紀型の成功法則』動画ゲスト出演

ブログ・SNS・Webサイト