糖を燃焼し、エネルギーに。血糖値対策が続かなかった人へオススメの新発想のALAサプリ

更新日:2016/12/06 公開日:2016/10/01

ヘルスケア大学タイアップ企画 [PR] 提供:SBIアラプロモ株式会社

血糖値が高い…どうすればいいの?

血糖値が気になる男性

健康診断結果で「血糖値が高い」と診断された場合、具体的に何をすればよいのでしょうか。血糖値を下げるためには、食事制限や運動が必要と聞きますが、いきなり生活習慣を変えるのはハードルが高いですよね。食事はつい「ご飯大盛り」にしてしまって、自己嫌悪に…という方も多いのではないでしょうか。

また、健康診断では問題がなくても、食後急激に眠くなる人や食生活が不規則人は要注意!食後にだけ血糖値が上がる「隠れ高血糖」の可能性もあります。

血糖値が上がり過ぎると、様々な不調を招き、健康を損なうリスクが高まります。糖質制限や運動は大切ですが、毎日続けるのはなかなか難しいもの。気負いすぎるほど挫折しやすいので、サプリなどを上手に使い無理せず、血糖値を上げない生活習慣を継続していきましょう。

加齢にともない、より必要となる血糖値対策。続けるためのコツは?

血糖値

そもそも、なぜ血糖値は上がるのでしょうか。血糖値とは、血の中の糖(ブドウ糖)の量を指します。ご飯など糖分を多く含む炭水化物を食べると、血糖値が上昇。その値を下げるために、インスリンというホルモンが分泌されます。インスリンには、糖質を細胞内にとりこみエネルギーとして利用したり、蓄えるはたらきがあります。しかし、糖が多すぎると細胞内に取り込まれず、残った糖が身体にダメージを与え続け、体の不調につながりやすくなります。

また、このインスリンのはたらきは加齢とともに衰えるもの。若いころの食生活をそのまま続けることも控えたほうがいいでしょう。

血糖値の上昇を防ぐためには、炭水化物や甘いもの、脂っこい食べ物を控える他、食べる順番もポイント。1.野菜2.メインのおかず(たんぱく質)3.炭水化物(ごはん、パン、めん類)の順で食べることを心がけましょう。でも、食事制限を毎日きちんと守ることは難しいケースも多いですよね。そんなときは、糖の吸収を抑えるトクホもオススメ。食後の飲み物に混ぜるタイプ、ペットボトルの飲料タイプがあります。しかし、「食後に飲み物に混ぜるのは面倒」「周りに血糖値対策が知られるのが恥ずかしい」という方もいるのではないでしょうか。

そこで、周りにバレずに手軽にとれて、1日1回好きなときに飲むだけでOK。糖を燃焼し、エネルギーへの変換を助ける“ある成分”がオススメなのです。

糖を燃焼し、エネルギーに。新発想の血糖値対策:ALA

食後血糖値の変化

糖をエネルギーに変えるために、鍵になるのが「ALA(アミノレブリン酸リン酸塩)」という成分。ALAはアミノ酸の一種で、腸で吸収した糖をエネルギーに変換する力を高めてくれるはたらきがあります。一般的な血糖値対策と違い、糖を燃焼させエネルギーとして利用することで、血糖値の上昇が穏やかになります。

ALAが含まれたサプリを3ヶ月間摂取した結果、「食後の血糖値の上昇を穏やかにし、さらに空腹時の血糖値を正常値に近づけることをサポート」することが臨床試験で検証されているというから驚きですね。ALAは、もともと人の体内で作られている成分ですが、加齢やストレスなどの理由で減少。しかし、ALAを効率的に取り入れることのできる錠剤タイプのサプリがあります。こっそり、しっかり血糖値対策をしたい方は要チェック!

好きなときに1日1粒目安!ALAに着目した機能性表示食品「糖ダウン」

アラプラス糖ダウン

アラプラス 糖ダウン」はALAを1粒に15mgたっぷり凝縮したサプリメント。トマト約150kg分、ほうれん草約93kg分のALAが含まれていて、飲用は好きなときに1日1粒目安でOK!「機能性表示食品」として消費庁に届け出が受理されている製品であり、血糖値を下げる効果は臨床実験で検証されています。

糖の吸収を抑えるトクホなどと違い、糖を燃焼しエネルギーにするのがこのサプリの特色。人が活動するための糖を無駄にせず、エネルギーに変換できるのがポイントです。食後はもちろん、食前の血糖値の上昇も穏やかにするため、血糖値が常に気になる方にもオススメです。また、好きなときに1日1粒でOK!飲むタイミングを選びません。

「毎回健康診断が気乗りしない」「たまには気にせず食事を楽しみたい」…。「糖ダウン」で悩みを“一糖両断”しましょう!